上地流

上地流(うえちりゅう)は空手道の流派のひとつで、沖縄三大流派(剛柔流、上地流、小林流)のひとつで、沖縄空手の流派では比較的古い部類に入る。上地流は沖縄を代表する流派の一つであり故 上地完文先生によって創設された。型には完子和 完周 十三 十戦 三十六 などがある。三戦鍛錬を行っている。柔軟な動きが魅力的である。上地完文先生は1897年福建省福州に渡航。パンガイヌーン拳法の達人 周子和先生に師事。1904年にパンガイヌーン拳法の免許皆伝 それから時は経過し上地完文先生の長子 上地完英先生が沖縄県名護市に道場を開設し沖縄に上地流誕生。上地流の特徴として肉体を頑強に鍛え上げることである。三戦を重視しておりこれによって鍛錬をする。現実的な実戦などを大きく想定した型が多く上地流は一撃必殺の強さを持つと言われている。見せる型というよりも現実的に強い型があることが魅力の一つでもある。

他の言語で
asturianu: Uechi Ryu
català: Uechi-ryū
Deutsch: Uechi-ryū
Ελληνικά: Uechi-Ryu
English: Uechi-ryū
español: Uechi Ryū
français: Uechi-ryū
עברית: וויצ'י ריו
hrvatski: Uechi ryu
italiano: Uechi-ryū
português: Uechi-ryu
русский: Уэти-рю