三式戦闘機

川崎 キ61 三式戦闘機「飛燕」

台湾・松山飛行場駐屯の第37教育飛行隊所属の 三式戦一型甲(キ61-I甲、1944年3月撮影)

台湾松山飛行場駐屯の第37教育飛行隊所属の
三式戦一型甲(キ61-I甲、1944年3月撮影)

三式戦闘機(さんしきせんとうき)は第二次世界大戦時に大日本帝国陸軍が開発し、1943年(昭和18年)に制式採用された戦闘機である。開発製造川崎航空機により行われた。設計主務者は土井武夫、副主任は大和田信である[1]

ドイツの液冷航空エンジンDB601を国産化したハ40を搭載した、当時の日本唯一の量産型液冷戦闘機である。防弾装備のない試作機は最高速度590km/hを発揮したが、防弾装備や燃料タンク等を追加した量産機では鈍重な戦闘機になり下がり、アメリカ軍に「もっとも食いやすい(つまりアメリカ軍にとっては攻撃し易い)戦闘機」という印象を与えている。基礎工業力の低かった当時の日本にとって不慣れな液冷エンジンハ40は生産・整備ともに苦労が多く、常に故障に悩まされた戦闘機としても知られる。ハ40の性能向上型であるハ140のエンジン生産はさらに困難であり、これを装備する予定であった三式戦闘機二型はわずか99機しかエンジンが搭載できず、工場内に首無しの三式戦闘機が大量に並ぶ異常事態が発生した。そこで星型空冷エンジンを急遽搭載した日本陸軍最後の制式戦闘機[* 1]五式戦闘機が生産された。

他の言語で
Afrikaans: Kawasaki Ki-61
čeština: Kawasaki Ki-61
español: Kawasaki Ki-61
Bahasa Indonesia: Kawasaki Ki-61
italiano: Kawasaki Ki-61
қазақша: Kawasaki Ki-61 Hien
한국어: 3식 전투기
português: Kawasaki Ki-61
русский: Kawasaki Ki-61 Hien
slovenčina: Kawasaki Ki-61
slovenščina: Kawasaki Ki-61 Hien
тоҷикӣ: Kawasaki Ki-61
Türkçe: Kawasaki Ki-61
українська: Kawasaki Ki-61
Tiếng Việt: Kawasaki Ki-61