七王国

七王国(しちおうこく、 英語: Heptarchyヘプターキー)とは、中世初期に グレートブリテン島に侵入した アングロ・サクソン人が同島南部から中部にかけての地域に建国した7つの 王国のこと。この時代をまた「七王国時代」とも呼ぶ。「ヘプターキー」という言葉は 古代ギリシア語の数詞で「7」を指す「ヘプタ(ἑπτά)」と「国」の「アーキー(ἀρχή)」を足した造語である。最初にこの語を記したのは 12世紀の史家 ヘンリー・オブ・ハンティングドンであり、 16世紀には用語として定着した。

この王国たちが覇を競った時代は、 ホノリウス帝が ブリタンニアを放棄してから( 409年End of Roman rule in Britain)、 ウェセックスエグバート王が カレドニアを除くブリテン島を統一するまで( 825年 エランダンの戦い英語版)、と考えられている。実際にアングロ・サクソン人が建国した王国は7つのみではなく、多数の群小のアングロ・サクソン人および先住の ブリトン人の小国家群とともに林立したが、次第にその中で有力な国家が周囲の小国を併呑して覇権を広げていった。7つという王国の数は、これらの覇権を広げた有力な国を、後世7つの大国に代表させたものである。この王国群の中から後の イングランドが形成され、その領土は「 アングル人の土地」という意味で「イングランド」と呼ばれることとなる。

七王国

七王国時代のイングランド
600年頃のイングランド

上記の7つの大国として、以下の7つの国が挙げられる。

  1. ノーサンブリア王国: イングランド北東部を支配したアングル人の王国。
  2. マーシア王国: イングランド中央部を支配した。 7世紀ごろ勢力を誇ったアングル人の王国。
  3. イースト・アングリア王国: イングランド南東部 イースト・アングリア地方、現在の ノーフォークサフォーク周辺を支配したアングル人の王国。
  4. エセックス王国: イングランド南東部を支配したサクソン人の王国、現在の エセックスハートフォードシャーミドルセックス周辺を支配した。
  5. ウェセックス王国: イングランド南西部を支配したサクソン人の王国、最終的に ドーセットハンプシャー周辺を中心に王国として形成されたが、前期の支配区域は最も北部であった。
  6. ケント王国: イングランド南東部、現在のケント周辺に形成された ジュート人の王国。最も早い時期に ローマ系キリスト教を受け入れた地域である。
  7. サセックス王国: イングランド南部を支配したサクソン人の王国、現在の サリーイースト・サセックスウェスト・サセックス周辺を支配した。

七王国以外の小国群

上記の7つの大国以外にも以下のような小国が多数存在した。

他の言語で
беларуская: Гептархія
беларуская (тарашкевіца)‎: Гептархія
dansk: Heptarkiet
Deutsch: Heptarchie
English: Heptarchy
Esperanto: Heptarkio
euskara: Heptarkia
français: Heptarchie
Frysk: Heptargy
עברית: הפטרכיה
hrvatski: Heptarhija
magyar: Heptarchia
ქართული: ჰეპტარქია
Latina: Heptarchia
Nederlands: Heptarchie
norsk: Heptarkiet
polski: Heptarchia
português: Heptarquia
română: Heptarhia
русский: Гептархия
русиньскый: Гептархія
srpskohrvatski / српскохрватски: Heptarhija
Simple English: Heptarchy
српски / srpski: Хептархија
svenska: Heptarkin
Türkçe: Yedi krallık
українська: Гептархія
中文: 七国时代
Bân-lâm-gú: Chhit-ông-kok