一式戦闘機

中島 キ43 一式戦闘機 「隼」

1943年夏、飛行第25戦隊第2中隊のエース大竹久四郎曹長の一式戦二型(キ43-II)。部隊マークとして白色で縁取られた中隊色の赤色帯と、機体番号の下桁を垂直尾翼に描いている

1943年夏、飛行第25戦隊第2中隊のエース大竹久四郎曹長の一式戦二型(キ43-II)。部隊マークとして白色で縁取られた中隊色赤色帯と、機体番号の下桁を垂直尾翼に描いている

一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしき-)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍戦闘機キ番号(試作名称)はキ43愛称(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦一戦ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機[注 1]

四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争大東亜戦争)における事実上の主力機として使用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位[注 2]

他の言語で
Afrikaans: Nakajima Ki-43
čeština: Nakadžima Ki-43
Ελληνικά: Nakajima Ki-43
español: Nakajima Ki-43
français: Nakajima Ki-43
Bahasa Indonesia: Nakajima Ki-43
italiano: Nakajima Ki-43
한국어: 1식 전투기
Nederlands: Nakajima Ki-43
português: Nakajima Ki-43
русский: Nakajima Ki-43 Hayabusa
Simple English: Nakajima Ki-43
slovenčina: Nakadžima Ki-43
српски / srpski: Накаџима Ки-43
тоҷикӣ: Nakajima Ki-43
Türkçe: Nakajima Ki-43
українська: Nakajima Ki-43
Tiếng Việt: Nakajima Ki-43