ヴィヴェーカーナンダ

ヴィヴェーカーナンダ
Swami Vivekananda-1893-09-signed.jpg
1893年シカゴにて撮影。
写真に記されている文字は、本人がベンガル語(左)と英語(右)で記したものである。「one infinite pure and holy – beyond thought beyond qualities I bow down to thee.(純粋かつ神聖なる唯一無限の存在-我々の思考と優越性(優秀性)を超越している汝に、私は帰依する。)」
生誕1863年1月12日
インド西ベンガル州コルカタシムラー・パッリー
死没1902年7月4日(39歳)
インド西ベンガル州ベールールのベールール僧院英語版
職業宗教家、社会活動家
署名
Swami-Vivekanda-Signature-transparent.png

ヴィヴェーカーナンダスワミ・ヴィヴェーカーナンダSwami Vivekananda,ベンガル語:স্বামী বিবেকানন্দ Shami Bibekanondo,本名:ナレーンドラナート・ダッタ(Narendranath Dutta,ベンガル語:নরেন্দ্রনাথ দত্ত Nôrendronath Dhat-tha)1863年1月12日 - 1902年7月4日)は、インドヒンドゥー教の出家者、ヨーガ指導者、社会活動家。ラーマクリシュナの弟子・後継者であり、ラーマクリシュナ僧院ラーマクリシュナ・ミッションの創設者である。ヒンドゥー教改革運動英語版、インド内での社会奉仕活動、インド外への布教に尽力し、植民地時代のインド英語版で人々に民族的自覚を促してインドのナショナリズムの高揚を後押しし、インド及び欧米諸国の人々に影響を及ぼした。

思想的にはシャンカラの系統のヴェーダーンタ哲学(不二一元論)である[1]。ネオ・ヒンドゥーイズム[注釈 1]ネオ・ヴェーダーンタ英語版と呼ばれる思想家の一人で[2]ラーム・モーハン・ローイラビンドラナート・タゴールと並んで、西洋近代の知を吸収したインド人知識人らによるインドの近代化とヒンドゥー教・伝統復興のための改革運動ベンガル・ルネッサンス英語版を代表する人物である[3][4]。高い英語力でヒンドゥー教と普遍宗教の理想を語り、インド国内ではヒンドゥー教を救ったと称賛されたが、異物とみなされ批判も受けた[5]。一方インド国外からはヒンドゥー教代表と見做さるという、特異な、しかし近代の非西欧世界の宗教者が西欧と対峙する際の典型ともいえる役目を務めた[5]

インドの国民的英雄と評されており[5]、彼の誕生日の1月12日は、インドではその業績を若者に生かすべく、若者のための全国青年日英語版(ナショナル・ユース・デー)として祝日になっている[6]

他の言語で
Alemannisch: Vivekananda
azərbaycanca: Vivekananda
भोजपुरी: विवेकानंद
català: Vivekananda
Cymraeg: Vivekananda
Deutsch: Vivekananda
Esperanto: Vivekananda
français: Vivekananda
गोंयची कोंकणी / Gõychi Konknni: Swami Vivekananda
Fiji Hindi: Swami Vivekananda
Bahasa Indonesia: Swami Vivekananda
italiano: Vivekananda
ქართული: ვივეკანანდა
Кыргызча: Вивекананда
Latina: Vivekānanda
lietuvių: Vivekananda
latviešu: Vivekānanda
Malagasy: Vivekananda
Bahasa Melayu: Swami Vivekananda
Nederlands: Vivekananda
norsk nynorsk: Vivekananda
Kapampangan: Swami Vivekananda
polski: Wiwekananda
português: Swami Vivekananda
русский: Вивекананда
Simple English: Swami Vivekananda
slovenčina: Vivékánanda
slovenščina: Swami Vivekananda
українська: Свамі Вівекананда
oʻzbekcha/ўзбекча: Svami Vivekananda
Tiếng Việt: Svāmī Vivekānanda