ヴィンセント・デ・ムーア

ヴィンセント・デ・ムーア
出生名ヴィンセント・デ・ムーア
別名VDM, Blizz, DH Cartel, Emerald, Extract, Fix To Fax, Flashbang, Gmoork, M. Theatre, Outline, Phocus, Questia, Raster, Sidewalk, V-Lock.
生誕(1973-12-05) 1973年12月5日(44歳)
オランダデルフト
出身地オランダ
ジャンルトランス
活動期間1993–2008

ヴィンセント・デ・ムーア (Vincent de Moor, 1973年12月5日 - 、オランダデルフト)は、オランダ人トランスアーティスト[1]。 音楽プロデューサーフェリー・コーステンとの『Veracocha』としての活動、及び2001年に発表されたシングル『Fly Away』が最も有名である。

音楽における経歴

初期

ヴィンセント・デ・ムーアは1993年にFix To Fax名義で初めてレコーディングした。トラックは当該名義で『Enjoy Yourself』、『Do U Feel It』、『Pick It Up』、『Take Control』がリリースされた。他には『Het Vliegende Kunstgebit』がGmoorkとして、『Chinese Juice』、『Exotic Mind』がOutlineとして、『Voice In The Dark』、『Frame Of Pleasure』、『Brazilia Carnavelas』がSidewalkとしてリリースされた。

同氏の初めて自身名義でのトラックは『Flowtation』だった。このトラックは1996年に初めてリリースされ、1997年8月には全英シングルチャートで54位を達成した。[2] 2002年のヴォーカル付きリミックスを含めた幾つかのバージョンが入手可能だった。1998年にはエルンスト・ビルスマとコラボレーションをして『Don't Hurt Me』(Cacheとして)をリリース、また自身名義で『Orion City』をリリース、同名でアルバムデビューした。同氏はまたVdM名義で『Darwin's Voyage』、『Magnetic』『Domino Runner』をリリースする時間を作り出した。

後期

ヴィンセント・デ・ムーアとフェリー・コーステンとのコラボレーション、Veracochaの『Carte Blanche』は全英シングルチャートで22位を達成した。フェリー・コーステンはインカ帝国に関連するテレビ番組を見た後にVeracochaという名称を選んだと言われている。この時期からのコーステンさらなるお気に入りと思われるものは2HDの『Sunflakes』のヴィンセント・デ・ムーアのリミックスである。 このトラックはヴィンセント・デ・ムーアのセカンドアルバム『Moor (2000)』でシングルの『Shamu』、『Between 2 Fires』、『Eternity (Forever)』と一緒に紹介された。 また、2000年に『Fly Away』の初リリースが見られ、2001年のUK30位を達成したヴィンセント・デ・ムーアの最も成功したシングルとなった。[2] いくつかのトラックの発行はEmeraldというペンネームでリリースされた。

2003年にはヴィンセント・デ・ムーアは『Crystal Clouds』と『Nexus Asia』をQuestiaとしてリリースした。翌年には『Desdemonia』をRasterとして、『Grooveslide』と『Energy Reflect』をFlashbangとしてリリースした。同氏は自身によるリミックスでも知られ、有名なものではTenth Planetの『Ghosts』、De Bosの『On The Run』、アーミン・ヴァン・ブーレンの『Communication』、浜崎あゆみの『Fly High』が挙げられる。

2007年にはヴィンセント・デ・ムーアは自身の『Flowtation』と『No Hesitation』をリメイクした。2001年のヒットシングル『Fly Away』もまたSean TyasとCosmic Gateによるリミックスと共に再リリースされた。同氏はまた2008年に『Sunflower』(Moorからのシングル)をリメイクした。

他の言語で
español: Vincent de Moor
français: Vincent de Moor
lietuvių: Vincent De Moor
Nederlands: Vincent de Moor
slovenščina: Vincent de Moor