ヴィヤーサ

ヴィヤーサ
ヴィヤーサが象神ガネーシャに物語を語る石彫(アンコール・ワット

ヴィヤーサVyāsa, デーヴァナーガリー表記:व्यास)は、インド神話の伝説的なリシ(聖仙)。「編者」の意。パラーシャラ仙とサティヤヴァティーの子。クル王ヴィチトラヴィーリヤの2人の寡婦のうちアムビカー英語版との間にドリタラーシュトラ英語版アムバーリカー英語版との間にパーンドゥを、またアムビカーの侍女との間に賢者ヴィドゥラをもうけた。

ヴィヤーサの本名ドヴァイパーヤナ(島で生まれた者)とは、サティヤヴァティーがヤムナー川の中にある島で彼を生んだことから名づけられた。叙事詩マハーバーラタ』の著者とされ、またヴェーダプラーナの編者ともいわれる。『バーガヴァタ・プラーナ』ではヴィシュヌ神の化身(アヴァターラ)の1つに数えられている。

ヴィヤーサは、一つのヴェーダを四つに配分(ヴィヤス)したためヴィヤーサと呼ばれる[1]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 上村勝彦訳(2002)「バラタ族の離間」『原典訳 マハーバーラタ 第1巻』241頁。
他の言語で
العربية: فياسا
অসমীয়া: বেদব্যাস
asturianu: Viasa
বাংলা: বেদব্যাস
català: Vyasa
čeština: Vjása
Deutsch: Vyasa
English: Vyasa
Esperanto: Vjaso
español: Viasa
فارسی: ویاسه
français: Vyāsa
गोंयची कोंकणी / Gõychi Konknni: व्यास
ગુજરાતી: વ્યાસ
हिन्दी: वेदव्यास
հայերեն: Վյասա
Bahasa Indonesia: Byasa
italiano: Vyāsa
Basa Jawa: Abyasa
ಕನ್ನಡ: ವೇದವ್ಯಾಸ
한국어: 브야사
lietuvių: Vjasa
मैथिली: व्यास (ऋषि)
Malagasy: Vyāsa
മലയാളം: വേദവ്യാസൻ
Bahasa Melayu: Byasa
नेपाली: व्यास (ऋषि)
ଓଡ଼ିଆ: ବ୍ୟାସଦେବ
ਪੰਜਾਬੀ: ਬਿਆਸ (ਰਿਸ਼ੀ)
polski: Wjasa
português: Vyasa
русский: Вьяса
संस्कृतम्: वेदव्यासः
Simple English: Vyasa
slovenščina: Vjasa
Basa Sunda: Abiyasa
svenska: Vyasa
தமிழ்: வியாசர்
తెలుగు: వ్యాసుడు
українська: В'ясадева
中文: 广博仙人