ヴィクトリア朝

ヴィクトリア朝(ヴィクトリアちょう、英語: Victorian era)は、ヴィクトリア女王イギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指す。この時代はイギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期であるとみなされている。

なお、ここで用いる「朝」は「時代(ある一人の君主が統治していた期間)」の意味であり、「王朝(ある一定の血統に属する君主たちが統治していた期間)」を指し示すものではない。

ヴィクトリア女王

概観

ヴィクトリア朝は上のような社会の変化の観点から、初期(1837年から1850年)、中期(1850年から1870年代)、後期(1870年代から1901年)の3期に分類されることが多い。

初期は、ヴィクトリア朝以前の1832年に行われた 第一次選挙法改正や1846年穀物法廃止などに見られる様に、産業資本家の勢力が伸張した時代である。中期には1860年の 英仏通商条約、およびグラッドストン首相のもとでの自由貿易体制が整えられ、イギリス帝国は絶頂期を迎えた。後期には、イギリス国内の生産設備老朽化や、資本集中の遅れから重化学工業への転換が遅れた一方、アメリカ合衆国ドイツなどの工業力が向上し、イギリスの経済覇権に揺らぎが見え始めた。

他の言語で
العربية: عصر فكتوري
azərbaycanca: Viktoriya dövrü
English: Victorian era
Esperanto: Viktoriana epoko
Bahasa Indonesia: Era Victoria
italiano: Età vittoriana
Bahasa Melayu: Zaman Victoria
norsk nynorsk: Viktoriatida
português: Era vitoriana
srpskohrvatski / српскохрватски: Viktorijansko doba
Simple English: Victorian era
slovenčina: Viktoriánska éra
Türkçe: Victoria devri
Bân-lâm-gú: Victoria sî-tāi