ヴァージニア・ウルフなんかこわくない

『ヴァージニア・ウルフなんか
こわくない』
Who's Afraid of Virginia Woolf?
作者エドワード・オールビー
アメリカ合衆国
言語英語
ジャンル戯曲
幕数3幕
刊行1962年
初演1962年10月13日
ビリー・ローズ劇場(ブロードウェイ
受賞トニー賞演劇部門
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』(Who's Afraid of Virginia Woolf?)は、エドワード・オールビーの戯曲。三幕。1962年ブロードウェイにて初演された。二組の夫婦のあいだのエスカレートしていく罵り合いを通じて夫婦の偽善的な関係が暴きだされていくさまを描いた作品で、現代アメリカ演劇の代表的な作品のひとつである。1963年度トニー賞演劇部門を受賞。同年のピュリッツァー賞戯曲部門にも推薦されていたが、保守的な評議委員会が台詞の汚さを問題視して専門委員会の推薦を覆したため、この年の戯曲部門は該当作なしとなった[1]。また1966年にはブロードウェイで本作の舞台演出も手がけたマイク・ニコルズによって映画化されており、同年のアカデミー賞にて主演女優賞(エリザベス・テイラー)など五部門を獲得している。

表題はディズニーのアニメ『三匹の子ぶた』の劇中歌「狼なんかこわくない」(Who's Afraid of the Big Bad Wolf?)の狼(Big Bad Wolf)を英国の小説家ヴァージニア・ウルフに置き換えたもので、劇中に駄洒落として登場し、節をつけて歌われるシーンがある。ただしディズニーの許諾を得ることが難しいため、実際の上演では韻律が合うマザーグース「桑の木の周りを回ろう」(Here We Go Round the Mulberry Bush[2]の節回しで歌われることが多い。

他の言語で