ヴァネッサ・メイ

ヴァネッサ・メイVanessa-Mae, 1978年10月27日 - )は、シンガポール出身のヴァイオリニスト。現在はイギリス国籍。いわゆるオルタナティヴフュージョンと呼ばれるジャンルのミュージシャンとして、クラシック音楽ポップスの垣根を越えて活躍している。

略歴・人物

本名はヴァネッサ=メイ・ヴァナコルン・ニコルソン。母親が華僑のため、チェン(チャン)・メイ(陳美)という中国名を持つ(母親の名字は陳「閩語:タン」)。実父がタイ人のために、タイ語の名も付けられている。両親の離婚後、母親はイギリス人のグレアム・ニコルソンと再婚。このためロンドンで教育を受ける。

3歳でピアノを、5歳でヴァイオリンを始める。1991年から1992年にかけて、13歳にしてチャイコフスキーベートーヴェンヴァイオリン協奏曲を録音し、それまでの最年少録音記録を塗り替える。

成人後は、セクシーな衣裳で音楽ビデオに出演して有名になる。ジャネット・ジャクソンのアルバム「The Velvet Rope」(1997年)にも参加。

ヴァネッサ・メイは、しばしばその活動の仕方において、フィンランドヴァイオリニスト兼モデル(PLAYBOY誌のセクシーメイト)の リンダ・ブラーヴァと比較されてきた。

1990年からCDアーティストとして活躍を始めているが、日本デビューは1995年と遅かった。

2006年トリノ・オリンピック金メダリスト、荒川静香フィギュアスケートの本選競技において、ヴァネッサ・メイのアルバム『チャイナ・ガール』(1997年発表)の収録曲「誰も寝てはならぬ」(プッチーニオペラトゥーランドット」のアリアの一つ)を利用し、特技のイナバウアーを披露したことから、日本国内でこの曲が非常に話題を集めた。当時アルバムは廃盤になっていたことから、この曲を含むベストアルバムが急遽リリースされた。

2014年ソチオリンピックアルペンスキータイ代表選手として、父親の姓を使った「ヴァネッサ・バナコーン」を名乗って出場したが、後に出場資格を巡る不正が発覚し、国際スキー連盟から4年間の大会出場禁止処分を受けた[1][2][3][4]。その後、不正は無かったと判明している[5]

他の言語で
العربية: فانيسا ماي
български: Ванеса Мей
català: Vanessa-Mae
čeština: Vanessa-Mae
Cymraeg: Vanessa-Mae
Deutsch: Vanessa-Mae
Ελληνικά: Βανέσσα Μέι
English: Vanessa-Mae
Esperanto: Vanessa-Mae
español: Vanessa Mae
euskara: Vanessa-Mae
فارسی: ونسا-می
français: Vanessa-Mae
magyar: Vanessa-Mae
հայերեն: Վանեսա Մեյ
Bahasa Indonesia: Vanessa-Mae
Interlingue: Vanessa-Mae
italiano: Vanessa-Mae
ქართული: ვანესა მეი
한국어: 버네사 메이
lietuvių: Vanessa-Mae
latviešu: Vanesa Meja
Bahasa Melayu: Vanessa Mae
Nederlands: Vanessa-Mae
occitan: Vanessa-Mae
polski: Vanessa-Mae
português: Vanessa-Mae
русский: Ванесса Мэй
slovenčina: Vanessa-Mae
slovenščina: Vanessa-Mae
svenska: Vanessa-Mae
Türkçe: Vanessa-Mae
українська: Ванесса Мей
中文: 陈美