ワグナーチューバ

ワグナーチューバ
別称:ワーグナーチューバ、
ヴァーグナーチューバ
各言語での名称
Wagner tuba
Wagnertuba
tuba wagnérien
tuba wagneriana
瓦格纳大号(簡体字)

瓦格納大號(繁体字)

分類

金管楽器

関連楽器

ワーグナーチューバWagner tuba)は、オーケストラで稀に見かける中低音域の金管楽器であり、主にホルン奏者が持ち替えて演奏する。外観は、ドイツや東欧の吹奏楽に用いられるテノールホルンバリトンとよく似ているが、使われるマウスピースや楽器の構造が異なる。

成り立ち

この楽器は、ワーグナーが『ニーベルングの指環』の上演に当たり、新たな音色を求めて編成に採り入れたものである。

ワーグナーは1853年にパリを訪れ、楽器製作者のアドルフ・サックスサクソフォーンの発明者)の店に立ち寄っており、その経験がワーグナーチューバの成立に影響を与えている。アドルフ・サックスは1840年代にソプラノからコントラバスに至る同属の金管楽器群「サクソルン」や「サクソテューバ」「サクソトロンバ」を次々と考案しているが、フランスで広まりつつあったこれらの楽器は、当時のドイツで使われていた類似の楽器よりも管が細く、華奢な音色が与えられていた。

アレキサンダー社B♭/F管

また、ワーグナーは、金管楽器を音色の異なる4種類のグループに編成しようと考え、トランペットセクションにバストランペットトロンボーンセクションにコントラバストロンボーンを追加し、ホルンは8本に増強した[1]

チューバセクションについては、ハ調(C)または変ロ調(B♭)のコントラバスチューバ(通常の「チューバ」)に、テナーおよびバスチューバを2本ずつ追加する形とした。新しく追加されたチューバをホルン奏者が担当するという事情から、劇場スタッフの一員であり、ホルン奏者でもあったハンス・リヒターが楽器の調達にあたった。「ニーベルングの指環」のバイロイト初演の前年である1875年に至るまで、ドイツ中のいくつもの楽器工房で試作が繰り返されたという[2]。ドイツでは主にモリッツ(Carl Wilhelm Moritz)の製作した楽器が用いられていたと考えられている[3]

実際、ワグナーチューバ登場以前の類似の楽器は、枚挙に暇がない。例えば1844年にチェコの金管楽器製作者ヴァーツラフ・チェルヴェニー(Václav František Červený)の考案したチューバに似た金管楽器「コルノン」(cornon)は、ホルンと同じような小型のマウスピースを用い、左手でヴァルヴを操作するものであったことが確認できる[4]テノールホルンバリトンも、すでに登場していた。従って、リヒターが新しい楽器の製造依頼に奔走したのは、「全く新しい楽器の発明」というよりも、むしろ「ホルン奏者が演奏できるチューバの必要性」という切実な事情によったのではないかとも考えられる。

他の言語で
català: Tuba Wagner
čeština: Wagnerova tuba
Deutsch: Wagnertuba
English: Wagner tuba
español: Tuba Wagner
français: Tuba wagnérien
hrvatski: Wagnerove tube
magyar: Wagner-tuba
italiano: Tuba wagneriana
한국어: 바그너 튜바
Nederlands: Wagnertuba
norsk nynorsk: Wagnertuba
norsk: Wagnertuba
português: Trompa wagneriana
svenska: Wagnertuba