ローマ条約

ローマ条約(ローマじょうやく)は、1957年3月25日に調印された欧州連合の2つの基本条約ベルギーフランスイタリアルクセンブルクオランダ西ドイツによって調印された。

この2条約とは欧州経済共同体設立条約と欧州原子力共同体設立条約である。両共同体はこの数年前に設立された欧州石炭鉄鋼共同体に続く、超国家主義的な性格をもつ国際機関である。

両条約は1958年1月1日に発効したが、そのうち欧州経済共同体設立条約はその後の条約で大幅に修正されており、1993年11月発効のマーストリヒト条約で「欧州共同体設立条約」への改称を経たのち、2009年12月に発効したリスボン条約では「欧州連合の機能に関する条約」に改称されている。その一方で欧州原子力共同体設立条約は原子力に対する市民感情からあまり修正されていない。

他の言語で
العربية: اتفاقية روما
asturianu: Tratáu de Roma
azərbaycanca: Roma müqaviləsi
беларуская: Рымскі дагавор
беларуская (тарашкевіца)‎: Рымскі дагавор
български: Римски договори
bosanski: Rimski ugovor
עברית: הסכם רומא
हिन्दी: रोम संधि
interlingua: Tractatos de Roma
Bahasa Indonesia: Perjanjian Roma
íslenska: Rómarsáttmáli
한국어: 로마 조약
lietuvių: Romos sutartis
latviešu: Romas līgums
македонски: Договорот од Рим
Bahasa Melayu: Perjanjian Rom
Mirandés: Tratado de Roma
srpskohrvatski / српскохрватски: Rimski ugovori
Simple English: Treaty of Rome
slovenčina: Rímske zmluvy
slovenščina: Rimska pogodba
српски / srpski: Римски уговори (1957)
svenska: Romfördragen
українська: Римські договори
Tiếng Việt: Các hiệp ước Roma
中文: 羅馬條約