ローマ暦

ローマ暦(ローマれき)は、古代ローマで使用されていた暦法。狭義には、古代ギリシア暦を元にしてつくられた暦法を言う。ローマ建国紀元とは異なる。広義には、改暦されたユリウス暦もローマ暦に含める。さらに広義には、ユリウス暦を改暦して使用されたグレゴリオ暦も含む。本項では、ユリウス暦より以前のローマ暦について述べる。

最初期のローマ暦

紀元前753年(紀元前745年説あり)、最初のローマ暦が古代ローマで採用された。この暦法は、ローマを建国したとされる王ロームルスの名をとり、ロムルス暦と呼ばれる。この暦には29ないし31日からなる月が10個置かれ、現在の3月にあたる月から始まり12月で終わっていた。各月の名称と日数は下表のとおり。年始にあたる Martius が1番目の月であり、4番目の Junius までは神の名前をつけている。5番目から10番目にあたるQuīntīlisからDecemberまでの月.名は、ラテン語数詞5-10(quīnque, sex, septem, octō, novem, decem)に由来し、第5月から第10月を意味する。月の順序と月名との間にずれが生じたのは、後述の紀元前153年の改暦による。1年の長さは304日で、12月30日と3月1日の間に、日付のない日が約61日間続いた。農耕暦だったので、畑仕事のない季節に日付は必要なかったとされる。当時のローマ人は1年の長さが約365日であることを知らなかったため、日付のない日は厳密に61日間ではなく、春めいてきた日に王が新年を宣言するという形をとったと考えられる。

ロムルス暦
No. ラテン語月名 読み 日数 由来 現在該当する月
1 Martius マルティウス 31日 軍神マルスの月 3月
2 Aprīlis アプリーリス 30日 美の女神ウェヌスの月

おそらく、ギリシア語アプロディーテ

起源とするエトルリア語 Apru より

4月
3 Māius マーイウス 31日 豊穣の女神マイアの月 5月
4 Jūnius ユーニウス 30日 結婚生活を守護する女神ユーノーの月 6月
5 Quīntīlis クィーンティーリス 31日 quīntus(5番目の月) 7月
6 Sextīlis セクスティーリス 30日 sextus(6番目の月) 8月
7 September[1] セプテンベル 30日 septem(7の月) 9月
8 Octōber[1] オクトーベル 31日 octo(8の月) 10月
9 November[1] ノウェンベル 30日 novem(9の月) 11月
10 December[1] デケンベル 30日 decem(10の月) 12月
(月は置かれない) 約61日

ヌマ暦

紀元前713年、ローマ国王ヌマ・ポンピリウスによって改暦が行われ、現在の1月にあたるJānuārius、2月にあたるFebruāriusがつけ加えられた。このときヌマは、日数が30日だった月の日数をすべて29日に変えた。平年の1年の長さは355日になる。2年に1度、2月の日数を23日に減じ、2月23日の翌日に Mercedinus(メルケディヌス)という名の27日間または28日間の閏月を挿入した。この時期はまだ年始は3月1日であった。この暦法は、布告した王の名をとりヌマ暦と呼ばれる。ほとんどの月の日数を29日と31日にしたのと、1年の長さを月の運行に合わせた354日にしなかったのは、ヌマの信仰が偶数を嫌ったからだとされている。

ヌマ暦の月
No. ラテン語月名 読み 平年の日数 閏年の日数 由来 現在該当する月

日本語

月名

英語

月名

フランス語

1 Martius マルティウス 31日 軍神マルスの月 3月 March mars
2 Aprīlis アプリーリス 29日 美の女神ウェヌスの月 4月 April avril
3 Māius マーイウス 31日 豊穣の女神マイアの月 5月 May mai
4 Jūnius ユーニウス 29日 結婚生活を守護する女神ユーノーの月 6月 June juin
5 Quīntīlis クィーンティーリス 31日 quīntus(5番目の月) 7月 July juillet
6 Sextīlis セクスティーリス 29日 sextus(6番目の月) 8月 August août
7 September セプテンベル 29日 septem(7の月) 9月 September septembre
8 Octōber オクトーベル 31日 octo(8の月) 10月 October octobre
9 November ノウェンベル 29日 novem(9の月) 11月 November novembre
10 December デケンベル 29日 decem(10の月) 12月 December décembre
11 Ianuarius / Jānuārius ヤーヌアーリウス 29日 物事の初めと終わりを司る境界と時間の神ヤヌスの月 1月 January janvier
12 Februārius フェブルアーリウス 28日 23日 浄罪と贖罪の神フェブルスの月 2月 February février
13 Mercedinus メルケディヌス - 27日または28日 ラテン語のmerces(賃金の意)より。

この時期にこの1年の給金の支払いがあったことから

(閏2月)

ロムルス暦とヌマ暦で決められた月名は、後に改名されたQuīntīlisSextīlis、および後のユリウス暦では必要のなくなったMercedinusを除き、語形変化を被りつつも、ほぼそのまま英語等の現代語にまで受け継がれている。

紀元前153年の改暦

この後も数度、改暦が行われた。最も大きな改暦は紀元前153年1月1日に行われた。 この年から[要出典]、 年の始まりが3月1日(MartiusKalendae)ではなく、1月1日(JānuāriusKalendae) に移った。このとき、月の順序と月名との間にずれが生じた。

他の言語で
azərbaycanca: Qədim Roma təqvimi
български: Римски календар
brezhoneg: Deiziadur roman
bosanski: Rimski kalendar
hrvatski: Rimski kalendar
interlingua: Calendario roman
la .lojban.: latmo veldetri
македонски: Римски календар
Nederlands: Romeinse kalender
português: Calendário romano
srpskohrvatski / српскохрватски: Rimski kalendar
Simple English: Roman calendar
slovenščina: Rimski koledar
српски / srpski: Римски календар
українська: Календар римлян
Tiếng Việt: Lịch La Mã
中文: 羅馬曆
Bân-lâm-gú: Lô-má le̍k-hoat