ロミオの青い空

世界名作劇場
通番題名放映期間
第20作七つの海のティコ1994年1月
~1994年12月
第21作ロミオの青い空1995年1月
~1995年12月
第22作名犬ラッシー1996年1月
~1996年8月
ロミオの青い空
アニメ
原作リザ・テツナー(『黒い兄弟』より)
監督楠葉宏三
脚本島田満
キャラクターデザイン佐藤好春
音楽若草恵
製作フジテレビ日本アニメーション
放送局フジテレビ系列
放送期間1995年1月15日 - 同年12月17日
話数全33話
テンプレート - ノート

ロミオの青い空』(ロミオのあおいそら)は、フジテレビ系列の『世界名作劇場』枠で放送されたテレビアニメ。放送期間は1995年1月15日から同年12月17日で全33話。平均視聴率10.4%。

概要

原作はドイツの作家、リザ・テツナーの『黒い兄弟』(Die schwarzen Brüder)。1990年代の世界名作劇場作品の中では比較的マイナーな原作であり、邦訳(酒寄進一訳)は1988年に福武書店から刊行されている。

少年売買や労働の苛酷さが描かれた原作とは全く違うストーリーとなっていて、少年たちの生きる様と友情が描かれている。特に、原作より遥かにロミオの親友アルフレドに焦点が置かれており、後半はアルフレドを中心にストーリーが展開する。

放映年の1995年は、バレーボールワールドカップ、プロ野球などのために数週にわたり放送が無かったこともあり、全33話と少ない話数で終了した[1]。(特に第28話「貴公子アルフレド」と第29話「永遠のアルフレド」の間は、一連のストーリーのクライマックス直前で1ヶ月以上も空くことになってしまった。その後第30話と第31話の間も一月以上開き、1995年の11月のフジテレビに至っては『キテレツ大百科』と共に一度も放送が無かった)さらに第31話、第32話は放送局側の都合で急遽挿入された単発エピソードであり、全31話の予定であった。

放送終了後

2001年に福武書店版「黒い兄弟」の復刊を目指すリクエスト票集めが復刊ドットコムで開始され、2002年9月にあすなろ書房から新装版で出版された。この本は全国の公共図書館の多くに配架されている。これに続いて番組ムック本が2003年に復刊され、その後も脚本家公認の脚本集・10周年記念ブックなどが新たに出版されている。世界名作劇場作品の中では出版が活発に行われた作品である。

2005年9月に、当時の製作関係者を交えた10周年記念イベント「10~dieci~」が開催され300人以上のファンが集まった。

2009年3月に、ロミオの青い空の舞台「ロミオの青い空〜もうひとつの空〜」が男性声優集団be-Viesにより公演された。