ロベルト・ラヴァーリア

ロベルト・ラヴァーリア
Roberto Ravaglia
Roberto Ravaglia 2008 Japan.jpg
2008年
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1957-05-26) 1957年 5月26日(60歳)
出身地 Venice, Italy
過去参加シリーズ
1981-1983
1984-1986
1987
1988
1989
1992-1994
1994 & 1996
1994-1995
1997
Italian F3
European Touring Car Championship
World Touring Car Championship
European Touring Car Championship
Deutsche Tourenwagen Meisterschaft
Italian Touring Car Championship
British Touring Car Championship
Super Tourenwagen Cup
FIA GT Championship
選手権タイトル
1986 & 1988
1987
1989
1990, 91 & 93
European Touring Car Championship
World Touring Car Championship
Deutsche Tourenwagen Meisterschaft
Italian Touring Car Championship

ロベルト・ラヴァーリアRoberto Ravaglia, 1957年 5月26日 - )は、 ツーリングカーレースで活躍した元レースドライバーである。 イタリアヴェネツィア出身。

ドライバーとして3つの異なるツーリングカー選手権でチャンピオンに輝いており、史上最も成功したツーリングカードライバーの一人とされる[1]FIA主催のツーリングカー選手権で三連覇を達成した初のドライバーでもある(1986年~1988年)。

経歴

ドライバー時代

イタリア カート選手権で2度のチャンピオンに輝き、 F3を経て、1984年に ツーリングカーレーサーとしてデビューした。1986年に ヨーロッパツーリングカー選手権(ETC)でチャンピオンタイトルを獲得し、その後、1987年、1988年と連覇することとなる。

1987年については、選手権がこの年のみ 世界ツーリングカー選手権(WTC)を名乗ったため、ラヴァーリアについては、2005年に再びその名を冠して翌年以降も続くこととなる世界ツーリングカー選手権の「初代チャンピオン」という見方もできる。同じく、この年には マカオグランプリのギア・レースも制し、ラヴァーリアにとっては栄光に包まれた年となった。加えて、この年に BMWが投入した BMW・M3シリーズは、この後、他カテゴリも含め1992年まで駆り数々の優勝を飾ることとなる。

翌1988年はETCは連覇したものの、シーズン終了後に交通事故で 肋骨を折ったため、ギアレースでの連覇は叶わなかった。

同年限りでETCが終了したため、1989年に ドイツツーリングカー選手権(DTM)に移り、初参戦で選手権タイトルを獲得。翌1990年は、さらに イタリアツーリングカー選手権に移籍し、やはり初年度で選手権タイトルを獲得、1991年も連覇に成功し、1993年には同選手権で3度目のタイトルを獲得した。1992年こそチャンピオンを逃したが、ラヴァーリアは1986年から1991年まで、3つ(4つ)のツーリングカー選手権にまたがり実に6年連続で頂点に立ち続けたのである。

1994年にはイタリアツーリングカー選手権と平行して、 イギリスツーリングカー選手権(BTCC)にも参戦したが、BTCCではランキング18位という結果に終わり、参戦した選手権の中では唯一タイトルを獲得できずに終わった(同年のイタリア選手権は4位)。

1997年に、 マクラーレンF1 GTRを駆ってBMWチームから FIA-GT選手権に参戦したのを最後に、その年限りでドライバーから引退した。

ドライバー引退後

ドライバーとして引退して後は、アルド・プレト(Aldo Preto)との共同所有でツーリングカーチームを設立し(ROAL Motorsport)、監督として率いるようになった。

2001年にヨーロッパツーリングカー選手権が再開すると、同チームはBMW社のツーリングカーワークスチームのひとつである「BMWチーム・イタリア/スペイン」として選手権に参戦し、ETCCが世界ツーリングカー選手権(WTCC)となった現在も、ラヴァーリアはチームを率いている。

ETC、DTM、BTCCで所属したBMWワークスの シュニッツァー・チームは後に「BMWチーム・ドイツ」としてETCC、WTCCに参戦しており、同じBMWのワークスチームではあるが、現在ではライバルとして競い合う関係となっている。

他の言語で