ロビン・フッド (1991年のアメリカ映画)

ロビン・フッド
Robin Hood: Prince of Thieves
監督 ケヴィン・レイノルズ
脚本 ジョン・ワトソン
ペン・デンシャム
製作 ジョン・ワトソン
ペン・デンシャム
リチャード・B・ルイス
製作総指揮 ジェームズ・Q・ロビンソン
デヴィッド・ニックセイ
ゲイリー・バーバー
出演者 ケビン・コスナー
モーガン・フリーマン
クリスチャン・スレーター
音楽 マイケル・ケイメン
主題歌 ブライアン・アダムス「(Everything I Do) I Do It for You」
撮影 ダグ・ミルサム
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年1月14日
日本の旗 1991年7月27日
上映時間 143分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $48,000,000
興行収入 $165,490,000 アメリカ合衆国の旗
$390,490,000 世界の旗
テンプレートを表示

ロビン・フッド』(Robin Hood: Prince of Thieves)は、 1991年アメリカ映画中世 イングランドの伝説的英雄 ロビン・フッドを描いたドラマ。

第64回アカデミー賞主題歌賞ノミネート。 第12回ゴールデンラズベリー賞最悪主演男優賞受賞。

ストーリー

12世紀後半、父への反発心から獅子心王リチャード率いる十字軍遠征に参加した英国貴族ロックスリー卿の息子のロビンだったが、ムスリム軍に捕らわれ、処刑を待つ身となっていた。しかし自らの機転と、親友ピーターの犠牲を得、行きがかり上、ムーア人のアジームを助けて牢を脱走した。

その恩を返すといって聞かないアジームを仕方なしに伴い、故国へ戻って来たロビンを待っていたのは焼き討ちにあって廃墟となったロックスリーの城と、むごたらしく晒された父の遺体であった。ロビンは、執事ダンカンから、国王の留守を狙って政権奪取を狙うノッテンガムの代官ジョージが、非協力的なロビンの父に悪魔崇拝者の汚名を着せて惨殺し、領土を没収して、領民を苛政と暴虐をもって苦しめていることを聞かされる。

父の汚名返上と復讐を誓ったロビンだったが、追われていた少年を助けるために、ジョージの配下であるガイ卿を処断してしまい、そのことでお尋ね者にされる。ロビンはピーターの妹で、王の従兄妹である幼馴染みのレディ・マリアンと再会した後、アジームと共にシャーウッドの森に逃げ込み、ジョージへの反乱軍の長リトル・ジョンと出会う。ロビンは、烏合の衆であった彼らを真の反乱軍としてまとめあげ、そのリーダーとなる。

反乱軍のひとりであるウィル・スカーレットはロビンに対して常に反抗的であったものの、ロビンとその仲間は代官一味を打倒するために行動を開始した。反乱軍は、ジョージに組する貴族から金品を略奪し、貧しい人々に分け与え、ジョージを圧迫していった。民衆はロビンのことをロビン・フッドと呼び称え、ジョージの仲間たちは恐れた。

修道士タックも仲間に加わり、反乱も順調かと思われたが、ジョージの逆襲が始まり、謀略により、ロビンに協力していたマリアンが誘拐される。そして反乱軍のアジトであった森はジョージに急襲され、壊滅的打撃を受けてしまう。それでも捕らわれたマリアンと仲間を救い出し、ジョージを倒すため、ロビンは、残った仲間と共に最後の決戦に向かうのだった。

他の言語で
srpskohrvatski / српскохрватски: Robin Hood: Prince of Thieves