ロバート・ジェンキンソン (第2代リヴァプール伯爵)

第2代リヴァプール伯爵
ロバート・ジェンキンソン
Robert Jenkinson, 2nd Earl of Liverpool
2nd Earl of Liverpool.jpg
2代リヴァプール伯(1823年、サー・ジョージ・ヘイター画)
生年月日1770年6月7日
出生地グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドン
没年月日 (1828-12-04) 1828年12月4日(58歳没)
死没地イギリスの旗 イギリス、ロンドン・ホワイトホールファイフハウス英語版
出身校オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党トーリー党
称号第2代リヴァプール伯爵ガーター勲章勲爵士 (KG)、枢密顧問官 (PC)
配偶者ルイーザ(1795年結婚)
メアリー(1822年結婚)
親族初代リヴァプール伯爵英語版(父)
第3代リヴァプール伯爵英語版(異母弟)
サインRobert Jenkinson, 2nd Earl of Liverpool Signature.svg

在任期間1812年6月8日 - 1827年4月9日
国王ジョージ3世ジョージ4世

内閣アディントン内閣
在任期間1801年 - 1804年

内閣第二次小ピット内閣
第二次ポートランド公爵内閣
在任期間1804年 - 1806年
1807年 - 1809年

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区アップルビー選挙区英語版
ライ選挙区英語版
在任期間1790年 - 1803年

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間1803年11月 - 1828年12月4日[1]
テンプレートを表示

第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソン: Robert Banks Jenkinson, 2nd Earl of Liverpool, KG, PC1770年6月7日 - 1828年12月4日)は、イギリス政治家貴族

トーリー党政権で閣僚職を歴任した後、1812年から1827年にかけて首相を務めた。政権初期にナポレオン戦争が終結し、ウィーン体制が構築された。イギリスを四国同盟に参加させつつ神聖同盟には参加しなかった。政権前半期には穀物法を制定したり、黎明期の労働運動に対して「ピータールーの虐殺」や6法英語版制定などで弾圧するといった保守的政治が多かったが、ジョージ・カニングらトーリー党内自由主義派が閣僚に登用されたことで1822年頃から自由主義の傾向を示すようになり、自由貿易の推進や弾圧法規・厳罰主義法規の緩和などの改革が行われた。保守派閣僚と自由主義派閣僚の融和に努めていたが、1827年に病のために退任した。

1796年から1803年まで父の爵位ハークスベリー男爵を儀礼称号として使用、1803年にハークスベリー男爵位、1808年にリヴァプール伯爵位を継承した。

他の言語で
беларуская: Роберт Джэнкінсан
беларуская (тарашкевіца)‎: Робэрт Джэнкінсан
čeština: Robert Jenkinson
français: Robert Jenkinson
Nederlands: Robert Jenkinson