ロッコ・シフレディ

ロッコ・シフレディ
Rocco Siffredi
Rocco Siffredi
別名義Siffedi、
Rocco Sifferdi、
Rocco Sifredi、
Rocky Siffreddy、
Roco Siffredi、
Rocco Tano、
The Italian Stallion
生年月日(1964-05-04) 1964年5月4日(54歳)
出生地イタリアの旗 イタリア
オルトーナ
民族イタリア人
配偶者ロサ・キャラシオロ
公式サイトroccosiffredi.it
主な作品
ロマンスX(1999年)

ロッコ・シフレディRocco Siffredi1964年5月4日 - )はイタリアオルトーナ出身の元ポルノ男優俳優。現在ポルノ映画の監督・製作者として働いている。2005年の時点で、彼は1,300本以上のポルノ映画に出演した。シフレディの芸名は、映画『ボルサリーノ』(1970年) でアラン・ドロンが演じた「ロック・シフレディ Roch Siffredi」から付けられたと言われる。彼は9.5インチ(約24cm)[1]の巨大なペニスサイズから「イタリアの種馬」の異名を持つ。

ポルノの経歴

フランスで映画デビューを果した後、彼はハンガリーのブダペスト(後に彼の製作会社「Rocco Siffredi Produzioni」の拠点となる)、カナダ、ロシア、ブラジル、東部ヨーロッパ諸国など様々な海外の映画に出演した。シフレディは、彼のアナルセックスアニリングスに対する嗜好のためポルノ映画界で有名になった。これは彼の経歴にカルトな方向性を与える事となる。

シフレディの映画は、内容・傾向が他と大きく異なる。彼は当初Vivid(ビビッド・エンターテインメント - アメリカの大手ポルノ映画会社)スタイルのロマンティックな冒険コメディの映画に出演していたが、後のジョン・スタグリアーノ監督のEvil Angel Video作品におけるBDSMシーンでは、女性につばを吐き、平手打ちを喰らわせ、イラマチオと尿のぶっかけ(アメリカ版では検閲されている)を実行し、ディープスロート(相手の喉奥深くまで陰茎の全てを飲み込ませるフェラチオ)で共演者に吐き気を催させ、時には涙を浮かべさせる程に髪を引っ張った。稀にマゾ役を演じた『Rocco più che mai a Londra 2 』、『Rocco: Animal Trainer 11 』、『 Il Marchese de Sade 』(後者では女装して出演した)などの映画で、シフレディは支配的な性行為に対する受身の立場を演じた。

彼の映画の多くは、愛情豊かで、ロマンチックな場面から始まり、非常に長く激しいアナルセックスの連続に転じていく。クライマックスはしばしば、女性共演者のうち1人の広がった肛門にカメラの焦点を合わせ、そこにつばを吐いたり、射精したり、他の共演者に舌で肛門をきれいにさせるといったシーンになる。

Never Say Never to Rocco Siffredi 』を監督するとき、シフレディは伝統的な手法を1歩押し進めた。公園での撮影において、シフレディは見知らぬ(と推定される)通行人を捉まえ、女性共演者に彼らに対するオーラルセックスを要求した。彼らはまがい物には見えないが、このような一見現実的な場面が監督/製作者によって事前に用意されることは珍しいことではない。にもかかわらず彼の映画における非常な迫真性のために、シフレディの映画に出演したいという若いヨーロッパの女優は後を絶たなかった。

他の言語で
Afrikaans: Rocco Siffredi
العربية: روكو سيفريدي
български: Роко Сифреди
emiliàn e rumagnòl: Rocco Siffredi
español: Rocco Siffredi
français: Rocco Siffredi
hrvatski: Rocco Siffredi
italiano: Rocco Siffredi
Nederlands: Rocco Siffredi
português: Rocco Siffredi
sicilianu: Roccu Siffredi
srpskohrvatski / српскохрватски: Rocco Siffredi
српски / srpski: Роко Сифреди
ślůnski: Rocco Siffredi
Türkçe: Rocco Siffredi
Tiếng Việt: Rocco Siffredi