ロウリンハノサウルス

ロウリンハノサウルス
Lourinhanosaurus antunesi.jpg
ロウリニャン博物館に展示の復元骨格
地質時代
ジュラ紀後期
分類
:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:爬虫綱 Reptilia
亜綱:双弓亜綱 Diapsida
下綱:主竜形下綱 Archosauromorpha
上目:恐竜上目 Dinosauria
:竜盤目
亜目:獣脚亜目 Theropoda
階級なし:コエルロサウルス類 Coelurosauria
:ロウリンハノサウルス属 Lourinhanosaurus
学名
Lourinhanosaurus
Mateus1998

ロウリンハノサウルス(Lourinhanosaurus 「ロウリニャンのトカゲ」の意味)はジュラ紀後期(キンメリッジアン英語版-チトニアン英語版)に生息した肉食の獣脚類恐竜の属の一つである。化石は最初、1982年にポルトガルロウリニャン英語版近郊のペラルタで発見されたものの、1998年にポルトガルの古生物学者オクタビオ・マテウス英語版が行うまで記載が行われなかった[1]

タイプ種(現在のところ唯一の種でもある)L. antunesi種小名はポルトガルの古生物学者ミゲル・テレス・アントゥネス英語版献名されたものである

他の言語で
čeština: Lourinhanosaurus
français: Lourinhanosaurus
Nederlands: Lourinhanosaurus
ଓଡ଼ିଆ: Lourinhanosaurus
polski: Lorinanozaur
português: Lourinhanosaurus
Tiếng Việt: Lourinhanosaurus