レナート・ヨハンソン

レナート・ヨハンソン

レナート・ヨハンソンLennart Johansson1929年 11月5日 - )は 欧州サッカー連盟(UEFA)の5代目会長である。 1990年から 2007年まで会長職を務めた。彼の主な業績は、 UEFAチャンピオンズリーグを創設したことと、 UEFA欧州選手権1992を母国・ スウェーデンに誘致したことである。

ストックホルムに生まれ育ち、地元のクラブ・ AIKソルナの会長を 2005年まで務めた。2005年4月にUEFA会長に再選されると、2007年にも5選を目指し会長選に立候補したが、元 フランス代表選手の ミシェル・プラティニに僅差で敗れ、 会長職から退いた [1]

ヨハンソンは 国際サッカー連盟(FIFA)の副会長でもあり、 1998年には ジョアン・アヴェランジェの後継を目指して会長選に立候補したが、 ゼップ・ブラッターに敗れた。

他の言語で