レディ・ビー・グッド (航空機)

レディ・ビー・グッド (航空機)
0000050606-F-1234P-014.jpg
何も無いリビア砂漠の真ん中に不時着滑走して部品をまき散らしたB-24D リベレーター「レディ・ビー・グッド」。写真に写っている主翼に残された3基のエンジン(ナンバー1、2、3)のプロペラフェザリング状態になっている。
事故の概要
日付1943年4月4日
概要航法ミス
現場リビアカランシオ砂海
北緯26度42分45.7秒 東経24度01分27秒 / 北緯26度42分45.7秒 東経24度01分27秒 / 26.712694; 24.02417
乗員数9
生存者数0
機種コンソリデーティッド B-24D リベレーター
機体名レディ・ビー・グッド(Lady Be Good)
運用者アメリカ陸軍航空軍(USAAF)(1943年3月25日実戦配備)
機体記号41-24301
テンプレートを表示
Lady Be Goodの位置(リビア内)
Lady Be Good
Lady Be Good
「レディ・ビー・グッド」の位置(現在のリビア)
レディ・ビー・グッドの搭乗員。左から:ハットン、トナー、ヘイズ、ウォラフカ、リップスリンガー、ラモット、シェリー、ムーア、アダムス

レディ・ビー・グッドLady Be Good)は、第二次世界大戦中にアメリカ陸軍航空軍(AAF)に就役していたB-24D リベレーター爆撃機の1機(AAFのシリアルナンバー:41-24301)である。本機はスルーク(現在のリビアのスルーク空港とベニナ空港)にあるスルーク飛行場[1][脚注 1]に駐屯していた第376爆撃航空団第514爆撃隊所属機であり、1943年4月4日のイタリア本土ナポリへの爆撃任務から帰還しなかった。当時この機体は地中海に墜落したと想定され、9名の搭乗員は戦闘中行方不明者として扱われた。

1958年にほぼ原形を留めた状態の「レディ・ビー・グッド」が710 km (440 mi)内陸に入った地点で発見され、その後の捜索で1名を除く行方不明であった搭乗員全員の遺体が発見された。

背景と任務

1943年3月18日にリビアに到着した「レディ・ビー・グッド」の搭乗員はそれが初めての作戦任務であり、機体自体も3月25日に第376爆撃航空団に配備された真っ新の新品であった。識別番号の「64」のステンシル・ペイントを機首に入れられ、愛称を前部胴体の前方右側に手描きで描かれたこの機体は、4月4日午後遅くのナポリ爆撃に割り当てられた25機のB-24の中の1機であった。

「レディ・ビー・グッド」の搭乗員:

搭乗員は最後に出撃した編隊の中の1機として午後3時少し過ぎにスルーク飛行場を離陸した。強い風と視界不良により主爆撃機編隊との合流を阻まれて本機は単独で任務を続行することとなった。この任務は2波に分かれたナポリの港湾への爆撃任務の後続編隊で、13機のB-24で編成されていた[2]

9機のB-24は砂嵐により途中で基地へと帰還したが、残る4機はそのまま任務を続行した。7:50 pmに高度7,600 m (25,000 feet)でナポリへ到達したが、視界不良により主目標への投弾はできなかった。帰路に2機が次候補の目標に投弾し、別の2機は重量軽減と燃料節約のために地中海上に爆弾を投棄した[2]。「レディ・ビー・グッド」はイタリアからリビアの所属基地への帰路は単独で飛行していた。

午前12:12[2]に機長のハットン大尉は通信機で基地を呼び出し、自機の自動方向探知機が機能していないことを伝え、基地の位置を問い合わせた。方位としては「レディ・ビー・グッド」がナポリとベンガジを結ぶ直線航路上を飛行していることを示していた[3]:p.28が、基地で使用していた無線方向探知機は単一のループアンテナしか備えておらず、正逆の方向を判別することができなかった。このため当該の航空機が地中海方向から帰還の途上であろうとも基地を通り越して内陸部へ向かっていようとも方向探知機は同一の方位を示していた[3]:pp.28-29

「レディ・ビー・グッド」は基地を通り越し、注意を喚起するために撃ち上げられた照明弾を見落としたらしく更に2時間北アフリカ内陸部に向かって飛行を続けた。午前2時に搭乗員はパラシュートで脱出し、機体は無人のまま更に26 km (16 mi)の飛行を続けてからリビア砂漠カランシオ砂海に不時着した。行方不明の航空機を探すためにスルーク空軍基地から出された捜索救難活動は成果を上げられずに搭乗員の痕跡も発見できなかった[2]

他の言語で