レジェンダリー・ピクチャーズ

レジェンダリー・ピクチャーズ
Legendary Pictures
企業形態制作会社
業種映画
設立2005年
本社アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州バーバンク
主要人物トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
ウィリアム・フェイ
テンプレートを表示

レジェンダリー・ピクチャーズ: Legendary Pictures)は、トーマス・タルにより設立された、カリフォルニア州バーバンク映画会社2005年より、ワーナー・ブラザースと共同で映画を製作し続けていたが、近年はレジェンダリーは製作費のほとんどを自社で賄い作品の権利保有や独自の企画進行を考えるようになり、ワーナーも共同出資を募らずに自社が製作を行い利益の独占を考えるようになったため、両社の関係が悪化し、契約満期となる2013年をもってワーナー・ブラザースとの共同製作を終了した[1]。その後、NBCユニバーサルと新たに5年間の契約を結び、2014年から共同で映画製作をしていく方針である[2]。また、東宝と提携してゴジラキングコングなどを登場させる怪獣映画シリーズ『モンスターバース』を製作しており、ロボットアニメ機動戦士ガンダム』の初の実写化でサンライズとも提携している[3]

2014年10月、ソフトバンクが2億5000万ドルの出資を発表[4]2016年1月、中国大連万達グループに35億ドルで買収された[5]

フィルモグラフィ

他の言語で