レオ3世 (ローマ教皇)

レオ3世
第96代 ローマ教皇
Leo III Mosaic.jpg
レオ3世(ラテラノ宮殿モザイク画
教皇就任795年12月26日
教皇離任816年6月12日
先代ハドリアヌス1世
次代ステファヌス5世
個人情報
出生750年?
ローマ
死去816年6月12日

レオ3世Papa Leo III750年? - 816年6月12日)は、ローマ教皇(在位:795年12月26日 - 816年6月12日)。

概説

ローマの貧民階級の出身者であったが、聖職者の道を歩んで頭角を現してゆき、遂に795年にローマ教皇に就任するに至った。しかし貧民階級出身者であるレオ3世に対して反発する者も少なくなく、799年には暗殺者に襲われて危うかったところをかろうじて脱出してアルプスを越え、フランク王国カール1世(大帝)のもとへ逃げ込んだ。

そしてカール1世の保護を受けてローマ教皇としてローマに戻った後、カール1世に受けた恩や東ローマ帝国庇護下にある東方教会と対抗するという経緯、およびローマ皇帝の座が797年より空位であるとみなされていた[1][2]事情から、800年12月のクリスマスの日、サン・ピエトロ大聖堂でのミサの最中、カール1世にローマ皇帝[3][4]の帝冠を授けた。ここに西欧の大実力者とローマ教皇の提携という、西欧の新たな歴史が花開くこととなったのである。

レオ3世は816年に死去し、1673年に列聖された。

カール1世に帝冠を授け、西欧に新たな歴史の扉を開いた教皇として、評価されている。

他の言語で
Afrikaans: Pous Leo III
aragonés: León III
العربية: ليون الثالث
беларуская (тарашкевіца)‎: Леў III (папа рымскі)
български: Лъв III (папа)
brezhoneg: Leon III (pab)
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Gáu-huòng Leo 3-sié
čeština: Lev III.
Ελληνικά: Πάπας Λέων Γ΄
English: Pope Leo III
Esperanto: Leono la 3-a
euskara: Leon III.a
فارسی: لئون سوم
français: Léon III (pape)
客家語/Hak-kâ-ngî: Kau-fòng Leo 3-sṳ
hrvatski: Lav III.
Bahasa Indonesia: Paus Leo III
Ilokano: Papa Leon III
italiano: Papa Leone III
Basa Jawa: Paus Leo III
ქართული: ლეო III
Latina: Leo III
lietuvių: Leonas III
latviešu: Leons III
македонски: Папа Лав III
مازِرونی: لئون سوم
Nederlands: Paus Leo III
norsk: Leo III
português: Papa Leão III
Runa Simi: Liyun III
sicilianu: Liuni III
srpskohrvatski / српскохрватски: Lav III (papa)
Simple English: Pope Leo III
slovenčina: Lev III. (pápež)
slovenščina: Papež Leon III.
српски / srpski: Папа Лав III
Kiswahili: Papa Leo III
Tagalog: Papa Leo III
Türkçe: III. Leo
українська: Лев III
Tiếng Việt: Giáo hoàng Lêô III
Winaray: Papa Leon III
Yorùbá: Pópù Leo 3k
Bân-lâm-gú: Kàu-hông Leo 3-sè
粵語: 聖良三世