レオ・シュトラウス

レオ・シュトラウス
Leo Strauss
生誕(1899-09-20) 1899年9月20日
ドイツの旗 ドイツ帝国キルヒハイン
死没(1973-10-18) 1973年10月18日(74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州アナポリス
時代20世紀の哲学
地域西洋哲学
学派大陸哲学
プラトニズム
研究分野形而上学認識論
倫理学
ギリシア哲学哲学史
宗教哲学
政治哲学
ニヒリズム
大陸哲学
イスラーム哲学
ユダヤ哲学
主な概念自然権
テンプレートを表示

レオ・シュトラウスレーオ・シュトラウスリーオ・ストラウス(Leo Strauss、1899年9月20日 - 1973年10月18日)は、ドイツ出身で主にアメリカで活躍した哲学者である。主著とされることもある『自然権と歴史』や『政治哲学とは何か』によって、政治哲学者として有名。

来歴

マールブルク近郊で生まれる。エルンスト・カッシーラーに師事し、1922年にPh. Dを取得。後にエトムント・フッサール及びマルティン・ハイデッガーに学ぶ。1932年から1934年までの間にロックフェラー奨学生としてパリケンブリッジに留学。本人もユダヤ系シオニストでもあったため、ナチスの迫害を逃れるため、1938年にアメリカへ移住。コロンビア大学歴史学科のリサーチ・フェローを経てニュースクール大学において政治学を講義する。1944年にアメリカ国籍を取得。1949年シカゴ大学に招聘され、以後20年間にわたり、政治哲学の講義・研究を行った。

ハイデッガー、タルムード(ユダヤ教の正典)、イスラム哲学スピノザなどの哲学を取り入れ、独自の哲学体系を構築。彼の門下生によって「シュトラウス学派」が形成された。その講義では、プラトンをはじめとして、マキャベリニーチェらの古典テクストが用いられた。アリストテレスの影響からカール・ポパーと同じくプラトンの国家論には断固反対したが、プラトンは認識論として読むべきとし、大衆を統一するには外部の脅威を用意したり、宗教を用いてもよいという「高貴な嘘」Noble liesをプラトンは唱えたと解釈した。ただし、彼個人は、マルクス主義ナチズムを「残酷なニヒリズム」として斥け、その台頭を許したワイマール政権も批判した。

また、マックス・ヴェーバー流の「事実と価値の峻別」を問題視した。

他の言語で
Afrikaans: Leo Strauss
العربية: ليو شتراوس
تۆرکجه: لئو اشتراوس
català: Leo Strauss
čeština: Leo Strauss
Deutsch: Leo Strauss
English: Leo Strauss
Esperanto: Leo Strauss
español: Leo Strauss
français: Leo Strauss
Հայերեն: Լեո Շտրաուս
italiano: Leo Strauss
ქართული: ლეო შტრაუსი
Nederlands: Leo Strauss
polski: Leo Strauss
português: Leo Strauss
română: Leo Strauss
русский: Штраус, Лео
Simple English: Leo Strauss
slovenščina: Leo Strauss
svenska: Leo Strauss
Türkçe: Leo Strauss
українська: Лео Штраус
Yorùbá: Leo Strauss