レオポルト・クロネッカー

レオポルト・クロネッカー

レオポルト・クロネッカーLeopold Kronecker, 1823年12月7日 - 1891年12月29日)はドイツ数学者である。リーグニッツ(現在のポーランド・レグニツァ Legnica)生まれ。ユダヤ系

彼は、ヤコビディリクレアイゼンシュタインクンマーといったドイツの先達の後に立って、また、パリ滞在中にエルミートなどの影響によって、群論、モジュラー方程式、代数的整数論楕円関数、また行列式の理論において大きな業績を残した。クロネッカーの名前は現在でも、クロネッカーのデルタクロネッカー積クロネッカー=ウェーバーの定理クロネッカーの青春の夢などに見ることができる。

他の言語で
azərbaycanca: Leopold Kroneker
беларуская: Леапольд Кронекер
Kreyòl ayisyen: Leopold Kronecker
македонски: Леополд Кронекер
Nederlands: Leopold Kronecker
norsk nynorsk: Leopold Kronecker
Piemontèis: Leopold Kronecker
português: Leopold Kronecker
Simple English: Leopold Kronecker
slovenčina: Leopold Kronecker
slovenščina: Leopold Kronecker
српски / srpski: Леополд Кронекер
українська: Леопольд Кронекер
Tiếng Việt: Leopold Kronecker
文言: 克羅內克