ルビコン川

ルビコーネ川
ルビコーネの流路(青線)
ルビコーネ川の流路(青線)
延長29 km
水源の標高250 m
河口・合流先アドリア海ガッテーオ・ア・マーレ
流域イタリアの旗 イタリア エミリア=ロマーニャ州
テンプレートを表示

ルビコン川(ルビコンがわ、ラテン語: Rubicon)は、共和政ローマ末期にイタリア本土と属州ガリア・キサルピナの境界になっていた。アリミヌム(現在のリミニ)の北、ラウェンナ(ラヴェンナ)との間でアドリア海に注いでいた。ローマ内戦開戦時のユリウス・カエサルの故事にちなむ「ルビコン川を渡る」という成語は、その時のカエサルの「賽は投げられた」という言葉とともに知られている。

現代のイタリア語ではルビコーネ川Rubicone)という語形になり、エミリア=ロマーニャ州南東部のサヴィニャーノ・スル・ルビコーネ付近でアドリア海に注ぐ川(旧称: フィウミチーノ川)がこの名で呼ばれている。しかしこの地域では古代以来河道の変化などが生じているため、カエサルが渡った「ルビコン川」を現在のどの川にあたるとみなすかについては、数世紀にわたる論争がある[1]

地理

サヴィニャーノ・スル・ルビコーネを流れるルビコーネ川とローマ時代の橋

ルビコーネ川(旧称: フィウミチーノ川)はアペニン山脈に源を発し、エミリア=ロマーニャ州南東部のフォルリ=チェゼーナ県内を流れる、全長30キロメートル弱の、さして長くはない川である。下流域の町サヴィニャーノ・スル・ルビコーネ付近においても、川幅は狭いところで1メートル、広いところでも5メートル程度と、歴史的な知名度のわりには小さな川である[1]

水源はソリアーノ・アル・ルビコーネにあり、サヴィニャーノ・スル・ルビコーネの集落付近を通過して、ガッテーオ・ア・マーレ(ガッテーオ分離集落)とサヴィニャーノ・ア・マーレ(サヴィニャーノ・スル・ルビコーネの分離集落)の間でアドリア海に注ぐ。河口両側のガッテーオ・ア・マーレとサヴィニャーノ・ア・マーレは、リゾート地として開発されている。

一時は乱開発が進んだことなどにより、エミリア=ロマーニャ州で最も汚れた川の一つに数えられていた。

他の言語で
Afrikaans: Rubicon
العربية: روبيكوني
беларуская: Рубікон
български: Рубикон
català: Rubicó
Cebuano: Fiume Uso
čeština: Rubikon
Чӑвашла: Рубикон
Cymraeg: Afon Rubicon
dansk: Rubicon
Deutsch: Rubikon
Ελληνικά: Ρουβίκωνας
English: Rubicon
Esperanto: Rubikono
español: Río Rubicón
euskara: Rubikon
فارسی: روبیکن
suomi: Rubikon
français: Rubicon
Frysk: Rubikon
עברית: רוביקון
hrvatski: Rubikon
Հայերեն: Ռուբիկոն
Bahasa Indonesia: Rubicon
italiano: Rubicone
ქართული: რუბიკონი
한국어: 루비콘강
Latina: Rubico
lietuvių: Rubikonas
latviešu: Rubikona
norsk nynorsk: Rubicon
norsk: Rubicon
occitan: Rubicon
polski: Rubikon
português: Rio Rubicão
română: Rubicon
русский: Рубикон
sicilianu: Rubbiconi
Scots: Rubicon
srpskohrvatski / српскохрватски: Rubikon
Simple English: Rubicon
slovenčina: Rubikon
slovenščina: Rubikon
српски / srpski: Рубикон
svenska: Rubicon
Tagalog: Rubicon
Türkçe: Rubicon
українська: Рубікон
vèneto: Rubicone
Tiếng Việt: Sông Rubicon
中文: 卢比孔河