ルクセンブルクのユーロビジョン・ソング・コンテスト

ルクセンブルク
Flag
加盟放送局RTL
出場
出場回数37
初出場1956
最新の出場1993
最高順位優勝: 19611965197219731983
最低順位最下位: 195819601970
外部リンク
Eurovision.tvのルクセンブルクのページ

ルクセンブルクのユーロビジョン・ソング・コンテストでは、ルクセンブルク大公国におけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。

概要

ルクセンブルクは第1回の1956年大会からユーロビジョンに参加している。ルクセンブルクはユーロビジョンにおいて最も成功を収めた国の一つであり、5回の優勝を経験している。ルクセンブルクは、1980年代から1990年代初期に不調が続いた後、1994年大会から大会には参加していない。

ルクセンブルクは国土が小さく、ルクセンブルクの放送局内部での選考に基づいた代表選出となっているため、ルクセンブルク代表として参加したアーティストのほとんどはルクセンブルク国外の出身であり、特にフランスのアーティストが多い。ルクセンブルク代表として優勝した5人のアーティストはいずれも外国人であり、こうした点は他のユーロビジョン優勝国と大きく異なっている。優勝者のうち4人はフランス、1人はギリシャのアーティストであった。合計38回の参加のうち、わずかに4人の歌手(Camillo Felgen、Sophie Carle、Franck Olivier、Marion Welter)のみがルクセンブルクの出身である。

2004年大会では、RTLは11年の不参加の後に、ユーロビジョンへの復帰の意向をみせた[1]。しかし、資金的な困難のため、ルクセンブルクは参加を見送った[2][3]。RTLが2005年大会に参加するとの強い噂が流れた[4]。しかし、RTLは後に参加を否定し、大会へは決して参加しないと表明した[5]。2008年、RTLは大会復帰への意向はないとした[6][7]

国際的なユーロビジョンのファンクラブであるOGAEのルクセンブルク支部は、ルクセンブルクの大会復帰を求める運動を展開している。クラブが主催する2008年のイベントでは、ルクセンブルクのCorinne Hermèsを、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2008ポルトガル代表の ヴァニア・フェルナンデス(Vânia Fernandes)とともにフィーチャーし、ルクセンブルク国内のメディアの関心を集めた。RTLは2度にわたってこのイベントについて報じ、Corinne Hermèsへのインタビューを紹介した[8][9]

他の言語で