ルイ3世 (プロヴァンス王)

ルートヴィヒ3世/ルイ3世
Ludwig III./Louis III
皇帝
プロヴァンス王
イタリア王(対立王)
在位887年 - 928年(プロヴァンス王)
900年 - 905年(イタリア対立王)
901年 - 905年(皇帝)
出生880年
死去928年6月5日
配偶者アンナ
 アーデルハイト・フォン・ブルグント
子女シャルル・コンスタンティン
王家ボゾン家
父親プロヴァンス王ボソ
母親エルマンガルド
宗教キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

ルイ3世: Louis III, 880年頃 - 928年6月5日)は中世西欧の皇帝(ルートヴィヒ3世、ドイツ語:Ludwig III.、在位:901年 - 905年)、プロヴァンス王(在位:887年 - 928年)、イタリア王(対立王、在位:900年 - 905年)。ボゾン家出身。失明させられたことから盲目王(l'Aveugle)といわれる。

生涯

プロヴァンス王ボソと皇帝兼イタリア王ロドヴィコ2世の娘エルマンガルドとの間の長男で、父ボソが887年に死去した後、母エルマンガルドは皇帝カール3世に庇護を頼み、カール3世の後見のもとルイはプロヴァンス王位を継承した。ロドヴィコ2世の孫にあたることからイタリア王位を要求、900年にイタリア王ベレンガーリオ1世の対立王となる。さらに皇帝アルヌルフのあと皇帝位をも要求し、901年に教皇ベネディクトゥス4世によりローマで皇帝として戴冠されたが、905年にベレンガーリオ1世に捕えられ、眼球を摘出され失明させられた[1]。ルイはプロヴァンスに戻りプロヴァンス王を名乗り続けたが、実権は又従兄で義兄のアルル伯ユーグ(後のイタリア王ウーゴ)が握った。

他の言語で