ルイ2世 (西フランク王)

ルイ2世
Louis II
西フランク王
Sacre Louis2 France 02.jpg
ルイ2世の戴冠
在位877年 - 879年
戴冠877年12月8日、コンピエーニュ
出生846年11月1日
死去879年4月10日
コンピエーニュ
埋葬 
コンピエーニュ、サン=コルネイユ修道院
配偶者アンスガルド・ド・ブルゴーニュ
 アデライード・ド・パリ
子女ルイ3世
カルロマン
エルマントルド
シャルル3世
王家カロリング家
王朝カロリング朝
父親シャルル2世
母親エルマントルド・ドルレアン
宗教ローマ・カトリック
テンプレートを表示
ルイ2世

ルイ2世フランス語Louis II, 846年11月1日 - 879年4月10日)は、カロリング朝西フランク国王(在位:877年 - 879年)。吃音王(le Bègue)と呼ばれる。

生涯

シャルル2世とオルレアン伯ウードの娘エルマントルドの息子。877年10月、父王の死をうけて王位につき、同年12月8日にランス大司教ヒンクマールにより戴冠された。翌878年末、教皇ヨハネス8世は教会会議の招集を求め、ローマからフランスに向かった。教皇はそこでルイ2世に皇帝位を与えるつもりであったという[1]。しかし、教皇がプロヴァンスについた時、すでにルイ2世は重病であった。結局、皇帝位につくことなく、父の没後わずか2年足らずでコンピエーニュで死去した。遺体はコンピエーニュのサン=コルネイユ修道院(Abbaye Saint-Corneille)に埋葬された。彼の死後、王国はルイ3世とカルロマンの間で相続争いが起こったが、結局、2人の息子がともに王位につき、分割統治することになった[2]。しかし、皇帝位は881年に東フランク王カール3世が獲得した。また、ルイ2世の死後、プロヴァンスではボソ(父の二度目の妃の兄)が独立を宣言し、プロヴァンス王となった[1]

他の言語で
تۆرکجه: لویی الکن
беларуская: Людовік II Заіка
български: Луи II (Франция)
فارسی: لویی الکن
Bahasa Indonesia: Louis II dari Perancis
Lëtzebuergesch: Louis II. vu Frankräich
македонски: Луј II од Франција
srpskohrvatski / српскохрватски: Louis II od Francuske
Simple English: Louis the Stammerer
српски / srpski: Луј II Муцавац
українська: Людовик II Заїка
Tiếng Việt: Louis II của Pháp
Yorùbá: Louis 2k
Bân-lâm-gú: Louis 2-sè