ルイ・フェルディナン (フランス王太子)

ルイ・フェルディナン・ド・フランス
Louis Ferdinand de France
フランスのドーファン
Portrait dauphin louis france hi.jpg
出生(1729-09-04) 1729年9月4日
ヴェルサイユ宮殿
死去(1765-12-20) 1765年12月20日(36歳没)
フォンテーヌブロー宮殿
埋葬 
サンス大聖堂
配偶者マリー=テレーズ=ラファエル・ド・ブルボン
 マリー=ジョゼフ・ド・サクス
子女一覧参照
父親ルイ15世
母親マリー・レクザンスカ
テンプレートを表示

ルイ・フェルディナン・ド・フランスフランス語: Louis Ferdinand de France1729年9月4日 - 1765年12月20日)は、フランスルイ15世と王妃マリー・レクザンスカの長男。誕生とともに王太子(ドーファン)に立てられたが、王位に就くことはなかった。

生涯

1745年スペインフェリペ5世の娘で父の従妹に当たるマリー=テレーズと結婚した[1]が、妃は翌1746年に病死し、残された一人娘マリー・テレーズも夭逝した。同年にフェリペ5世により金羊毛騎士団員に叙された[2]

1747年ポーランドアウグスト3世(兼ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世)の娘マリー=ジョゼフ・ド・サクスと再婚し、三男ベリー公ルイ・オーギュスト(ルイ16世)、四男プロヴァンス伯ルイ・スタニスラス(ルイ18世)、五男アルトワ伯シャルル・フィリップ(シャルル10世)ら5男3女をもうけた。

父ルイ15世とは異なり、敬虔で厳格な人物だった。ローマ教皇クレメンス13世とともにイエズス会の保護を行った。

1765年、父ルイ15世に先立って36歳で死去した。長男ブルゴーニュ公ルイ・ジョゼフ・グザヴィエと次男アキテーヌ公グザヴィエ・マリー・ジョゼフが既に夭逝していたため、三男ベリー公が代わって王太子に建てられ、1774年に王位を継承した。フランスとオーストリアの和平のための政略結婚である三男ルイ・オーギュストの妃にマリア・テレジアの末娘マリア・アントーニアを迎えることに反対して縁談を妨げていたが、自身と妃マリー=ジョゼフの死により縁談は進められることになる。

他の言語で