リベット

リベット: rivet)は、頭部とねじ部のない胴部からなり、穴をあけた部材に差し込んで専用の工具でかしめることで反対側の端部を塑性変形させて接合させる部品[1]

概要

一般にステンレス鋼アルミニウムなどの金属製の円柱状で、片側にやや直径の大きい頭がついており、対象物の穴に通したあと反対側も同様の形状につぶすことで固定する。同様の目的に用いるボルトナットねじと異なり容易には取り外しができず、半永久的な締結用途に用いられる。用途によりプラスチックのものもある。

リベット(丸頭)

リベット

頭部の形状による分類では、

  • 丸頭 - 半球形
  • 平頭 - 円盤状
  • 皿頭(沈頭鋲)- 表面側が平で根元が円錐形

取り付け方法では、

  • 熱間 - 鋼橋鉄塔船舶などの鋼板鉄骨の接合など、大型のリベットに用いられた。リベットを真っ赤に熱して軟らかくしてから、リベットハンマー(圧縮空気で作動)などでかしめる(焼き締め)。重量が大きくなることや時間がかかることなどから、溶接やボルト・ナットに移行している。
  • 冷間 - 工場などでリベットハンマーや油圧プレス機(古くは水圧プレス機)などでかしめて取り付ける。航空機からナベ、ヤカンの本体と取手まで広く用いられ、少量ならば手ハンマーでも加工できる。
ブラインドリベット

ブラインドリベット

片側からしか作業ができない場合のために、ブラインドリベット(: Blind rivet)が考案されて用いられている。

釘の様に見える心棒を空気圧や電動・手動などのリベッターで作業者側へ引っ張ることで、円筒状のリベット内側を変形させ、心棒を引きちぎることによりかしめる。締結圧はその細い心棒の破断耐力によるので、同じ径の通常のリベットに比べて小さくなる。

リベットで台枠を組み立てた蒸気機関車端梁


他の言語で
العربية: برشام
asturianu: Remache
català: Rebló
čeština: Nýt
Deutsch: Niet
English: Rivet
Esperanto: Nito
español: Remache
eesti: Neetliide
فارسی: میخ‌پرچ
suomi: Niittaus
français: Rivet
עברית: מסמרת
hrvatski: Zakovica
magyar: Szegecs
Bahasa Indonesia: Paku keling
Ido: Riveto
italiano: Rivetto
한국어: 대갈못
Кыргызча: Бөрктөмө
မြန်မာဘာသာ: ရီပစ်
Nederlands: Klinknagel
norsk nynorsk: Nagle
norsk: Nagle
português: Rebite
română: Nit
русский: Заклёпка
srpskohrvatski / српскохрватски: Zakovica
slovenčina: Nitovanie
српски / srpski: Заковица
svenska: Nitning
українська: Заклепка
中文: 鉚釘
粵語: 窩釘