リチウムイオン二次電池

リチウムイオン二次電池
重量エネルギー密度100–243 Wh/kg[1][2][3]
体積エネルギー密度250–676 Wh/L[1][2][3]
出力荷重比~250–340 W/kg[1]
充電/放電効率80%–90%[4]
エネルギーコスト1.5 Wh/US$[5]
自己放電率8% - 21 °C
15% - 40 °C
31% - 60 °C
(月あたり)[6]
サイクル耐久性LiCoO2: 500-1000
LiMn2O4: 300-700
NMC: 1000-2000
LiFePO4: 1000-2000
※負極: 黒鉛[7]
公称電圧LiCoO2: 3.6–3.7 V
LiMn2O4: 3.7–3.8 V
NMC: 3.6–3.7 V
LiFePO4: 3.2–3.3 V
※負極: 黒鉛[7]
使用温度範囲(放電時)−20 °C60 °C[8]
使用温度範囲(充電時)0 °C45 °C[8]
テンプレートを表示
封口前の円筒形リチウムイオン電池 (18650)
東芝Dynabookのリチウムイオンポリマー二次電池パック
リサイクルマーク(リサイクル法による)

リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、lithium-ion rechargeable battery)は、正極負極の間をリチウムイオンが移動することで充電放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる。単にリチウムイオン電池リチウムイオンバッテリーLi-ion電池LIBLiBとも言う。リチウムイオン二次電池という命名はソニー・エナジー・デバイスによる[9]

なお、似た名前の電池には以下のようなものがある。

  • リチウム電池は、負極に金属リチウムを使う一次電池。リチウムイオンが電気伝導を担う点はリチウムイオン電池と同じだが、負極に金属リチウムを使うものは通常リチウムイオン電池と区別する。その理由として、負極側での反応が、黒鉛を使う場合とはタイプが異なるからである。リチウム電池の負極側での反応は、黒鉛のようなインターカレーションではなく、金属そのものの溶解析出反応である。二次電池への応用も幾度も試みられているが、充電時のデンドライト問題と金属リチウムの反応性の問題が克服しきれず、広く用いられてはいない。
  • リチウムポリマー電池(LiPo電池)は、リチウムイオン電池の一種で、電解質にゲル状のポリマー高分子)を使う二次電池。
  • リン酸鉄リチウムイオン電池(LiFe電池)は、リチウムイオン電池の一種で、正極材料にリン酸鉄リチウムを使う二次電池。

識別色は青(シアン)。

他の言語で
Bahasa Indonesia: Baterai ion litium
Bahasa Melayu: Bateri litium-ion
Nederlands: Lithium-ion-accu
Simple English: Lithium-ion battery
slovenščina: Litij-ionska baterija
Türkçe: Lityum iyon pil
Tiếng Việt: Pin ion Lithi