リタス

リタス
Lietuvos litas (リトアニア語)
ISO 4217
コード
LTL
中央銀行リトアニア銀行
 ウェブサイトwww.lb.lt
使用
国・地域
 リトアニア
インフレ率5.7% (2007)
 情報源The World Factbook, 2007 est.
ERM
 開始日2004年6月28日
 レート固定日2002年2月2日
=Lt 3.45280
 バンド法定上は15%だが、実際にはペッグされている。
補助単位
 1/100ツェンタス(centas
通貨記号Lt
複数形リタイ(litai)、リトゥ(litų
 ツェンタス(centasツェンタイ(centai)、ツェントゥ(centų
硬貨1、2、5、10、20、50ツェンタス、1、2、5リタス
紙幣10、20、50、100、200、500リタス

リタスリトアニア語litas; Lt)はリトアニアの旧通貨。補助通貨単位はツェンタスcentas)で、1リタス=100ツェンタスである。

リタスが最初に導入されたのは第一次世界大戦後にリトアニアが独立を宣言した1922年のことで、その後リトアニアではソビエト・ルーブルと等価で交換された暫定通貨タロナスを経て、1993年6月25日にリタスが再導入された。リタスの名称はラトビアラッツと同様に、国名にちなんでつけられた。1994年から2002年にかけて、リタスはUSドルとのあいだで $1 = Lt4 の比率でペッグされていた。その後リタスはユーロとのあいだでのペッグ制に移行し、€1 = Lt3.4528 で固定。リタスは2015年1月1日からユーロへ切り替えられた。

リトアニア語での表記

リトアニア語では、文法活用に従い、下1桁が1のとき(ただし下2桁が11のときは除く)はリタス (litas)、下1桁が2から9のとき(ただし下2桁が12から19のときは除く)はリタイ (litai)、下1桁が0のときと下2桁が11から19のときはリトゥ (litų)となる。同様に補助通貨単位の「ツェンタス」は、下1桁が1のとき(ただし下2桁が11のときは除く)はツェンタス (centas)、下1桁が2から9のとき(ただし下2桁が12から19のときは除く)はツェンタイ (centai)、下1桁が0のときと下2桁が11から19のときはツェントゥ (centų)となる。

他の言語で
Afrikaans: Litas
azərbaycanca: Litva litası
žemaitėška: Lits
беларуская: Літ
беларуская (тарашкевіца)‎: Летувіскі літ
български: Литовски литас
বিষ্ণুপ্রিয়া মণিপুরী: লিথুয়ানিয়ান লিটাস
bosanski: Litvanski litas
català: Litas
čeština: Litevský litas
Чӑвашла: Литас
Deutsch: Litas
Ελληνικά: Λίτας
Esperanto: Litova lido
español: Litas lituana
eesti: Leedu litt
français: Litas
Nordfriisk: Litas
עברית: ליטאס
hrvatski: Litavski litas
Bahasa Indonesia: Litas
italiano: Litas lituano
ქართული: ლიტვური ლიტი
Кыргызча: Литовтык лит
lietuvių: Litas
latviešu: Lits
македонски: Литвански литас
Bahasa Melayu: Litas Lithuania
Nederlands: Litouwse litas
polski: Lit (waluta)
português: Litas lituano
română: Litas
саха тыла: Литва лита
srpskohrvatski / српскохрватски: Litvanski litas
Simple English: Lithuanian litas
slovenčina: Litovský litas
српски / srpski: Литвански литас
svenska: Litas
тоҷикӣ: Литаи Литва
українська: Литовський лит
Yorùbá: Litas
Bân-lâm-gú: Lietuva litas