リアクタンス

物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - ( 画像
ウィキプロジェクト 物理学
リアクタンス
reactance
量記号 X
次元 L2 M T−3 I−2
種類 スカラ
SI単位 Ω
テンプレートを表示

リアクタンス: reactance)とは、 交流回路インダクタ(コイル)や キャパシタ(コンデンサ)における 電圧電流の比である。

リアクタンスは 電気抵抗と同じ 次元を持ち、 単位としては オームを持つが、リアクタンスは エネルギーを消費しない擬似的な抵抗である。誘導抵抗感応抵抗ともいう。

リアクタンスは、電流の微分方程式の1次微分項の係数および1次積分項の係数であり、ずれた位相成分の比率を示す係数である。

誘導性リアクタンス

インダクタに交流電源を接続すると、電源電圧とは逆向きの 自己誘導起電力が生じる。このとき、インダクタの電圧電流比は

 [Ω]

(ω: 角周波数L: 自己インダクタンス)

と表され擬似的な抵抗と見なせる。この電圧電流比 誘導性リアクタンス(inductive reactance)という。 このとき電源電圧の位相はインダクタを流れる 電流よりもπ/2 rad(90度)進んでいる。

※レジスタンス成分がなく誘導性リアクタンスのみの理想的なコイルに直流電源を接続した場合、上記式の 角周波数が0になるため抵抗が0Ω、つまり 短絡状態になる。

他の言語で
Afrikaans: Reaktansie
català: Reactància
čeština: Reaktance
dansk: Reaktans
Esperanto: Reaktanco
español: Reactancia
suomi: Reaktanssi
galego: Reactancia
Bahasa Indonesia: Reaktansi listrik
íslenska: Launviðnám
italiano: Reattanza
한국어: 반응저항
македонски: Реактанса
नेपाल भाषा: रियाक्ट्यान्स
Nederlands: Reactantie
norsk nynorsk: Reaktans
norsk: Reaktans
português: Reatância
slovenčina: Reaktancia
slovenščina: Reaktanca
Basa Sunda: Réaktansi
svenska: Reaktans
Tagalog: Reaktansiya
Türkçe: Reaktans
татарча/tatarça: Реактив каршылык
українська: Реактивний опір
中文: 电抗
Bân-lâm-gú: Tiān-khòng
粵語: 電抗