ラーマクリシュナ

ラーマクリシュナ
Ramakrishna Paramahamsa
1881年、コルカタにて
1881年、コルカタにて
別名ガダーダル・チャットーパーディヤーエ
生誕 (1836-02-18) 1836年2月18日
Flag of the British East India Company (1801).svg イギリス東インド会社領
カーマールプクル
死没 (1886-08-16) 1886年8月16日(50歳没)
イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国
カルカッタ
時代19世紀
地域イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国
学派神秘主義、不二一元論哲学
研究分野ヒンドゥー教ヨーガ
主な概念偶像崇拝、普遍宗教
テンプレートを表示

ラーマクリシュナ(Sri Ramakrishna Paramhansa, ベンガル語:রামকৃষ্ণ পরমহংস Ramkrishno Pôromôhongsho)、本名ガダーダル・チャットーパーディヤーエ(Gadadhar Chattopadhyay, ベンガル語:গদাধর চট্টোপাধ্যায় Gôdadhor Chôţţopaddhae、1836年2月18日 - 1886年8月16日)はインドの宗教家。「シュリ・ラーマクリシュナ・パラマハンサ」と呼ばれるが、「シュリ」は「聖」に当たる称号で、ラーマクリシュナはインドの神、ラーマクリシュナの合成で、修行者・ヨーギー(ヨーガ行者)としての名である。パラマハンサはヒンドゥー教の神話に登場する霊性の象徴である空想上の天上の聖なる白い鳥を意味する、聖者に対する尊称。

ラーマクリシュナは近代の代表的聖人と呼ばれ、肖像画には光背を持つ姿で描写される。イギリスの植民地支配が経済の貧困を強め、西洋から流入する文化によって伝統文化が蔑まれた19世紀のインドにあって、インド伝統の豊かな精神文化を体現し、インド人に誇りを取り戻させ希望を与えたという。

思想は強力な神秘主義と宗教多元論およびシャンカラのアドヴァイタ・ヴェーダーンタ(不二一元論)哲学を根本としている。現象世界はマーヤー (幻影)でありブラフマン(神)だけが実在とし、解脱の手段は知識であるという。

他の言語で
العربية: راماكريشنا
asturianu: Ramakrishna
беларуская: Рамакрышна
беларуская (тарашкевіца)‎: Рамакрышна
български: Шри Рамакришна
català: Ramakrishna
Deutsch: Ramakrishna
Ελληνικά: Ραμακρίσνα
English: Ramakrishna
Esperanto: Ramakriŝna
español: Ramakrishna
euskara: Ramakrishna
français: Râmakrishna
galego: Ramakrishna
गोंयची कोंकणी / Gõychi Konknni: Sri Ramakrishna
hrvatski: Ramakrišna
magyar: Rámakrisna
հայերեն: Ռամակրիշնա
interlingua: Ramakrishna
Bahasa Indonesia: Ramakrishna
italiano: Ramakrishna
қазақша: Рамакришна
Latina: Ramakrishna
lingála: Ramakrishna
lietuvių: Ramakrišna
latviešu: Rāmakrišna
Malagasy: Râmakrishna
Bahasa Melayu: Sri Ramakrishna
नेपाल भाषा: रामकृष्ण परमहंस
Nederlands: Ramakrishna
português: Ramakrishna
română: Ramakrishna
русский: Рамакришна
srpskohrvatski / српскохрватски: Ramakrišna
slovenčina: Rámakrišna
svenska: Ramakrishna
Türkçe: Sri Ramakrishna
українська: Рамакрішна
اردو: رام کرشن
oʻzbekcha/ўзбекча: Ramakrishna
Tiếng Việt: Ramakrishna
Winaray: Ramakrishna