ランバル公妃マリー・ルイーズ

ランバル公妃マリー・テレーズ・ルイーズ(1776年)

マリー・テレーズ・ルイーズ・ド・サヴォワ=カリニョン [1]: Marie Thérèse Louise de Savoie-Carignan [1], Princesse de Lamballe, 1749年 9月8日 - 1792年 9月3日)は、 マリー・アントワネットの女官長(ないし女官総監)を務めた人物である。

フランス革命勃発後もマリー・アントワネットを見捨てなかったが、それが故に投獄されて、 九月虐殺の際に暴徒に首を切り落とされた。奇しくも ポリニャック公爵夫人とは婚姻年及び生年月日が同じである。

生涯

ランバル公妃マリー・ルイーズ(左)と マドモワゼル・ド・パンティエーヴル(1767年)

マリー・テレーズ・ルイーズは1749年に、 サヴォイア家の支族である カリニャーノ公 ルイージ・ヴィットーリオ・ディ・サヴォイア=カリニャーノサルデーニャカルロ・アルベルトの曾祖父に当たる)と、クリスティーネ・ヘンリエッテ・ヘッセン=ラインフェルト=ローテンブルクの四女として トリノで生まれた。イタリア語名はマリーア・テレーザ・ルイーザ・ディ・サヴォイア=カリニャーノ(Maria Teresa Luisa di Savoia-Carignano)。

1767年に彼女は フランス国王 ルイ14世の曾孫ランバル公 ルイ・アレクサンドルと結婚し、ランバル公妃(Princesse de Lamballe)マリー・テレーズ・ルイーズとなり、 トゥールーズ伯邸フランス語版(現在の パリ1区フランス銀行本店)に居住した。しかし、翌 1768年に夫と死別した。

ランバル公妃マリー・テレーズ・ルイーズ( ルイ・エドワール・リウフランス語版画)

1770年マリー・アントワネットオーストリアからフランスに嫁いできたが、同年からランバル公妃はフランス宮廷に仕えるようになった。マリー・アントワネットはランバル公妃を大変に気に入り、彼女を女官長 [2]に任命した。しかし、 1776年頃から ポリニャック伯爵夫人にマリー・アントワネットの寵愛が移り始め、ランバル公妃の女官長の地位もポリニャック伯爵夫人に奪われた。 1783年、パッシー(現在の パリ16区 ランバル大通りフランス語版)に邸宅を買い求め暮らした。この邸宅は ランバル公邸フランス語版として知られ、現在、駐仏トルコ大使館が入居している。

奇しくも、ランバル公妃とポリニャック伯爵夫人とは同じ生年月日だった。慎ましやかで純粋なランバル公妃は、どれほどマリー・アントワネットに寵愛されようと決して好意につけ入るようなことはしなかったが、ポリニャック伯爵夫人はいつの間にか公爵夫人となり、一族ぐるみでマリー・アントワネットから思いのままに金銭を巻き上げるような女だった。しかし再びランバル公妃に寵愛が戻り、おそらく宮廷を退いていたと思われる彼女を宮廷に呼び戻している。

監獄の門まで暴徒に出迎えられるランバル公妃マリー・テレーズ・ルイーズ

1789年フランス革命が勃発した。ポリニャック公爵夫人は革命が起こると早々にオーストリアへ亡命した。一方ランバル公妃は、 1791年には国王 ルイ16世一家への援助を求めるために イギリスへと渡り、帰国後は テュイルリー宮殿に駆けつけ、自分の部屋を 王党派と国王一家との連絡場所として提供した。

1792年8月10日、ランバル公妃は王党派として、王妃マリー・アントワネットと共に タンプル塔へ投獄された。8月19日にはラフォルス監獄へと移された。9月3日、革命の正当性を認めるよう強要されたが、従わなかったため、彼女が王妃の友人であり王党派であることを憎悪した民衆たちによって起きた 九月虐殺の際に凌辱撲殺され、その遺体は切り刻まれた。通説では、暴徒と化した民衆はその首を「旗印」として晒し物にし、マリー・アントワネットの牢獄の窓に掲げて見せつけたという。遺体はアンファン=トルヴェ墓地へ埋葬されたが、後に遺体の判別ができなくなった。そのためランバル公(パンティエーヴル公)菩提寺の ドルー王室礼拝堂には彼女は埋葬されていない。

他の言語で