ラファエル・アルタミラ・イ・クレベア

ラファエル・アルタミーラ・イ・クレベア(Rafael Altamira y Crevea、 1866年 2月10日 - 1951年 7月10日)、 スペイン歴史学者法学者

バレンシア地方アリカンテ県 アリカンテ生まれ。1887年に マドリード・コンプルテンセ大学博士課程修了。マドリード・コンプルテンセ大学や オビエド大学で教授をつとめている。1920年から1945年まで 常設国際司法裁判所の裁判官であった。

他の言語で