ラケットボール

ラケットとボール

ラケットボール(Racquetball)とは、4面の 天井に囲まれた空間で、前面の壁に当たった ボールラケットで打ち合う競技。

概要

1950年にジョセフ・ソベックにより発明された [1]。 ラケットで中空のゴムボールを壁に向けて打ち合い、得点を競う。他のラケットを使ったゲームとの最も大きな違いは、全ての壁面(天井を含む。 スカッシュでは通常天井を使用しない)が利用できるということである。1対1のシングルが一般的であるが、3人や4人で行う場合もある。3人の場合は、カットスロートと呼ばれる1対1対1となり、4人の場合は2対2のダブルスになる。

スカッシュと同様密閉された空間での横・後ろの壁をも使用したラケット競技なので、混同されることもある。 道具は、ラケットボールのラケットはシャフトがないか、非常に短く、テニスラケットに近いフェイス面積がある。スカッシュはシャフトが長く、バドミントンラケットを全体的に太くした感じである。スカッシュのボールの方が弾みにくい。

他の言語で
العربية: كرة الراح
català: Raquetbol
čeština: Raketbal
Deutsch: Racquetball
English: Racquetball
Esperanto: Rakedopilkado
español: Raquetbol
français: Racquetball
magyar: Raketball
italiano: Racquetball
한국어: 라켓볼
lietuvių: Raketbolas
Nederlands: Racquetball
polski: Racquetball
português: Raquetebol
русский: Ракетбол
svenska: Racquetball
Türkçe: Raketbol
українська: Ракетбол
中文: 短柄牆球