ラクウショウ

ラクウショウ
Sumpfzypresse (Taxodium distichum).jpg
ラクウショウ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
:植物界 Plantae
:裸子植物門 Gymnospermae
:マツ綱 Coniferopsida
:マツ目 Coniferae
:ヒノキ科 Cupressaceae
:ヌマスギ属 Taxodium
:ラクウショウ Taxodium distichum
学名
Taxodium distichum (L.) Rich.
和名
ラクウショウ(落羽松)、ヌマスギ(沼杉)
変種
  • var. imbricatum タチラクウショウ[2]

ラクウショウ(落羽松、学名Taxodium distichum)はヒノキ科(またはスギ科)ヌマスギ属の針葉樹。別名・和名はヌマスギ(沼杉)。

特徴

北アメリカ原産の落葉針葉高木。アメリカ大陸東南部からメキシコに分布するが、日本にも移植され公園などで見られる。湿潤地に適し、沼沢地での根元が少し水につかった状態(冠水)で自生することが多い。このため日本ではヌマスギと呼ばれる。は雌雄異花で開花期は4月頃。果実は緑色の球形である。葉はメタセコイアに似るが、メタセコイアが対生するのに対して、本種は互生するのが鑑別点となる。

湿地に植えると、幹の周りに呼吸のための呼吸根気根)が出てくる。膝根とよばれる。湿地に向いた木であるが、通常の土地でも植栽できる。繁殖は実生、挿し木

他の言語で