ラオスイワネズミ

ラオスイワネズミ
Laonastes aenigmamus - young male JP Hugot PLOS ONE.jpg
ラオスイワネズミの若いオス
保全状況評価 [1]
ENDANGERED
( IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : ヤマアラシ亜目 Hystricomorpha
: ディアトミス科 Diatomyidae
: ラオスイワネズミ属 Laonastes
: ラオスイワネズミ
L. aenigmamus [2]
学名
Laonastes aenigmamus
Jenkins et al.2005
和名
ラオスイワネズミ
英名
Laotian rock rat

ラオスイワネズミLaonastes aenigmamus)は、 ネズミ目(齧歯目) ディアトミス科に属する 齧歯類の1種。 ラオス中部の カムムアン県に棲息し、現地での呼び名からカニョウ (kha-nyou) とも言われている。2005年に初めて現生種が発見された。

大きな ドブネズミに似ているが、 リスのような毛深く太い尾を持っている。 頭蓋骨が極めて独特で、これは他の全ての現生哺乳類から区別できる特徴となっている。

初期の分類

2005年に ロンドン自然史博物館の Paulina Jenkins らが初めて記載した種であるが、彼女たちはこの動物が現生のどの齧歯類とも似ていないと考え、新科 Laonastidaeを設立した。翌年、 Mary Dawson らは、このラオスイワネズミの分類について次のような反論を提出した。ラオスイワネズミは、1100万年前( 中新世後期)に 絶滅したと考えられてきた化石分類群の Diatomyidae科に属している。つまり ラザロ分類群(いったん化石記録から消えたあと再出現する分類群)なのだと。

他の言語で