ラエリアン・ムーブメント

日本のラエリアン

ラエリアン・ムーブメント(Raëlian movement)は「ラエル」(Raël)ことフランス人のモータースポーツ系ジャーナリスト、クロード・モーリス・マルセル・ヴォリロン(Claude Maurice Marcel Vorilhon、1946年9月30日 - )が創始した新宗教[1](宗教法人として登記はされていない)。欧米ではラエリズム(Raëlism)と呼ばれる場合もある。本部はスイスジュネーヴにある。シンボルマークは六芒星逆卍を組み合わせた「ラエリアン・マーク」で、人類の創造者「エロヒム」のマークとされる。

公式アナウンスによると、ラエルは1973年12月13日にフランス中部で遭遇した異星人「エロヒム」(正確には単数形の「エロハ」(Eloha)。「エロヒム」(Elohim)は複数形)から人類の起源と未来に関する重要なメッセージを受け取り、そのメッセージを地球人類に普及する事を目的としてこの団体を創立したとされる[2]

他の言語で
العربية: رائيلية
azərbaycanca: Raelizm
Deutsch: Raelismus
English: Raëlism
فارسی: رائلیان
עברית: ראלים
magyar: Raëlizmus
Bahasa Indonesia: Raelianisme
Nederlands: Raëlisme
polski: Raelizm
português: Raelianismo
română: Raelism
русский: Раэлиты
Simple English: Raëlism
slovenčina: Raeliánske hnutie
slovenščina: Raeljansko gibanje
Türkçe: Raelizm
українська: Раеліти
中文: 雷爾運動