ライン川

ライン川
ライン川 2004年7月20日撮影
ライン峡谷( スイスグラウビュンデン
延長 1,233 km
平均流量 2,300 / s
流域面積 185,000 km²
水源 スイス・ ヒンターライン
水源の標高 1,602 m
河口・合流先 北海
流域 スイスの旗 スイス
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン
  オーストリア
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
オランダの旗 オランダ
テンプレートを表示
ライン川の流域地図

ライン川(ラインがわ、 :Rhy / : Rhein: Rijn: Rhin: Rhine: Rhenus)は、 ヨーロッパを流れる

スイス アルプストーマ湖に端を発し、 ボーデン湖に入り ドイツフランスの国境を北に向かう、 ストラスブールを越えて カールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、 ボンケルンデュッセルドルフデュースブルクなどを通過し オランダ国内へと入ったあと2分岐し、 ワール川レク川となり ロッテルダム付近で 北海に注いでいる。

全長1,233km。そのうちドイツを流れるのは698kmである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとして ドイツ史は展開していった。また、 ドイツ語名詞には男性名詞、女性名詞、中性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、 マイン川ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、 ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。 ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する 国際河川の一つ。

下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。 バーゼルから河口までのライン川流域圏は ブルーバナナ(「 太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなった ルール工業地帯もライン川と ルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。

地理

ライン川は、源流域、アルペンライン、ボーデン湖、高ライン、上ライン、中ライン、下ラインといったいくつかの地域に分けられる。

源流域~高ライン

トーマ湖

トーマ湖から流れ出るライン源流はフォルデルライン(前方ライン)と呼ばれ、70km下流のライヘナウで、南のラインヴァルトホルン山から流れてくるもう一つの源流、ヒンターライン(後方ライン)と合流する。ここまでがライン川の源流域といえる。トーマ湖からライヘナウまでの70kmで標高差は1700mあり、ここまでの流れは非常に激しい。ここまでは全域がスイスの グラウビュンデン州に属する。

ライヘナウで合流してからはラインはほぼ北に流れ、グラウビュンデン州の州都・ クールあたりで北へと向きを変える。クールからはザンクト・ガレン州とグラウビュンデン州の州境をなしながら バート・ラガッツを通り、やがて東岸は リヒテンシュタイン公国となる。リヒテンシュタインの首都 ファドゥーツを抜け、 オーストリア領フォアアールベルク州と スイス領ザンクト・ガレン州の国境を一部なした後、 ボーデン湖へと流れ込む。ここまでのラインをアルペンラインと称する。

ボーデン湖は、広い上湖と小さな下湖に二つに分かれている。上湖は東をオーストリアの フォアアールベルク州、北をドイツの バイエルン州バーデン・ヴュルテンベルク州、南をスイスの ザンクト・ガレン州トゥールガウ州に囲まれている。湖畔にはドイツ領のフリードリヒスハーフェンやリンダウ、オーストリア領のブレゲンツといった都市が点在する。上湖の西端にはドイツ領の コンスタンツ市があり、ここで細い水路となって西へと流れだし、まもなく下湖へと流れ込む。コンスタンツは水路の南岸にあり、この地域だけドイツ領がライン南岸へと張り出す格好となっている。

いったんボーデン湖に流れ込んだライン川は下湖西端のシュタインから流れ出し、 バーゼルへと向かう。バーゼルまでの区間を高ラインという。この区間のほとんどは北岸がドイツ領のバーデン・ヴュルテンベルク州に属し、南のスイスは上流から トゥールガウ州チューリヒ州アールガウ州、 バーゼル農村州に属し、ほとんど両国間の国境をなすが、スイスの シャフハウゼン州だけはラインの北岸に位置し、スイスが北岸に大きく食い込んでいる。この区間の中央部に位置するスイスの シャフハウゼンには、ライン本流唯一の滝である ライン滝がある。このライン滝より下流は海まですべて船舶の航行が可能であり、シャフハウゼンはライン滝による荷物の積み替え港として繁栄した都市である。

上ライン

バーゼルで、ライン川は再び向きを北へと変える。バーゼルからは流れも穏やかになると同時に水量も増え、ここから河口までは3000t級の船の往来ができる。そのため、バーゼルはスイス唯一の国際貿易港となっており、スイスの貿易のかなりの部分がこの港を通して行われる。バーゼルはスイス有数の大都市であるがスイス領の北端であり、市街の一部はドイツ領およびフランス領にもかかっている。

バーゼルからはライン川は フランス領の アルザスドイツバーデン=ヴュルテンベルク州との間の国境をなす。この地域は ライン地溝帯と呼ばれる構造平野となっており、西の ヴォージュ山脈と東の シュヴァルツヴァルトにはさまれた細長い平野の中をライン川は北流していく。バーゼルの少し北で、ライン川はアルザス大運河と接続する。このアルザス大運河はライン川の西に並行して北流し、 マルヌ・ライン運河へと接続して パリなど セーヌ川水系水運とつながる。またこの運河は ミュルーズでローヌ・ライン運河と接続し、 ローヌ川水系へと接続して リヨン地中海とつながっている。アルザスの住民はドイツ系の アルザス人であり、ライン両岸にドイツ系民族が居住していることになるが、アルザス地方は17世紀以降数度の転変はあったものの、基本的にはフランス領となっている。フランス領のライン沿岸のほぼ中央に ストラスブールがあるが、ここは19世紀の河道の直線化によってライン河畔へと広がった [1]フランス領のライン最大の都市であり、フランスのラインへの窓口となっている。 カールスルーエの少し南でフランス領は終わりをつげ、ここからは西岸は ラインラント=プファルツ州となり、ドイツ領内をラインは流れることとなる。ドイツ領ライン西岸は ラインラントと呼ばれ、基本的にはドイツに属するもののフランスとドイツの間で争奪が繰り返された土地である。 シュパイアーを過ぎ、 マンハイムでは、東から流れてくる ネッカー川をあわせる。マンハイムを中心としてシュパイアー周辺までは、 ライン=ネッカー広域連合と呼ばれる大都市圏を形成している。マンハイムから ヴォルムスを過ぎ、ラインラント=プファルツ州都の マインツでライン川は マイン川と合流する。ここまでが上ラインと呼ばれる。マイン川をさかのぼると、 1992年に開通した ライン・マイン・ドナウ運河によって ドナウ川へと水路がつながっており、この三河川を使用すれば 北海から 黒海まで河川のみで行くことも可能である。ライン南岸にあるマインツの対岸はヘッセン州州都の ヴィースバーデンであり、この2都市は二重都市となっている。このマインツ・ヴィースバーデンから東の フランクフルト・アム・マインまではフランクフルト・ライン=マイン広域連合と呼ばれる大都市圏となっている。

中ライン~下ライン

ローレライ

マインツから ボンまでは中ラインと呼ばれる。この地域は丘陵に囲まれた中を流れ、特にマインツ盆地の終わる リューデスハイムおよび ビンゲンから モーゼル川の合流する コブレンツまでの間は「ロマンチック・ラインとよばれ、風光明媚なことで知られている。このロマンチック・ラインの区間には、 ネコ城など多くの古城があり、また中ほどには難所として知られた ローレライがある。この風景を楽しむため、マインツからヴィースバーデン、リューデスハイム、コブレンツ、ボン、そしてケルンまでの185㎞の間にはライン川下りの遊覧船が運航されており、多くの観光客を集めている。遊覧船の起点はマインツであるが、風光明媚な区間であるリューデスハイムからコブレンツまでを利用する観光客も多い。

ボンから下流になると行政的には ノルトライン=ヴェストファーレン州に属するようになる。丘陵は姿を消し、広々とした平野の中を流れるようになる。ここから河口までを下ラインと呼ぶ。この下流域には、 ケルンレーヴァークーゼンデュッセルドルフを中心とする ルール地方の諸都市といった大都市が集中し、工業地帯となっている。なかでもルール地方西端でラインに面する デュースブルクはルールの玄関口となっており、ヨーロッパ最大の 内陸港となっている。

河口域

ルールを過ぎるとライン川は西へと向きを変え、 オランダに入る。オランダ領に入るとすぐ、ライン川はいくつもの支流に分かれ、網の目のようにオランダ南部に水路を広げる。もっとも大きな支流は ワール川であり、その他北のアイセル湖へと流れ込む アイセル川ネーデルライン川が三大支流である。ネーデルライン川はさらにクロメ・ライン川、 レク川ニューウェ・マース川など多くの支流に分かれる。ワール川もまたいくつもの支流に分かれ、南から流れてきた マース川の支流と合流・分離を繰り返す。河口近くの ゼーラント州付近のライン川はしばしば大氾濫を起こし、また北海の 高潮でも大被害を受けることが多くあったが、 1953年の大洪水を機にライン川・マース川・ スヘルデ川の三角州地域の河口をすべて塞いでしまう、 デルタ計画と呼ばれる大治水工事が 1958年に開始され、 1986年に完成した。この計画によって、主要港である ロッテルダム並びに アントウェルペンを除くすべての河口が堤防または可動堰によって有事には閉塞が可能になり、両主要港沿岸の堤防は大幅にかさ上げされた [2]1986年に完成した。河口近くにはロッテルダムがあり、 ユーロポートはラインの河川水運と北海や大西洋の海運の結節点として、ヨーロッパ最大の港となっている。

レース( オランダ)におけるライン川の流量(m³/s)
1930年から 1997年の平均データ) [3]

他の言語で
Afrikaans: Ryn
Alemannisch: Rhein
አማርኛ: ራይን ወንዝ
aragonés: Río Rin
Ænglisc: Rīn
العربية: راين
অসমীয়া: ৰাইন
asturianu: Ríu Rin
azərbaycanca: Reyn
تۆرکجه: راین چایی
башҡортса: Рейн
Boarisch: Rhein
žemaitėška: Reins
беларуская: Рэйн
беларуская (тарашкевіца)‎: Райн
български: Рейн
भोजपुरी: राइन नदी
বাংলা: রাইন নদী
བོད་ཡིག: རེན་གཙང་པོ།
brezhoneg: Roen
bosanski: Rajna
буряад: Райн мүрэн
català: Rin
нохчийн: Рейн
Cebuano: Rin
کوردی: ڕاین
corsu: Renu
čeština: Rýn
Чӑвашла: Рейн
Cymraeg: Afon Rhein
dansk: Rhinen
Deutsch: Rhein
Zazaki: Royê Reni
dolnoserbski: Ryn
Ελληνικά: Ρήνος
English: Rhine
Esperanto: Rejno
español: Rin
eesti: Rein
euskara: Rhin
فارسی: راین (رود)
suomi: Rein
français: Rhin
arpetan: Rin
Nordfriisk: Rhein
Frysk: Ryn
Gaeilge: An Réin
galego: Río Rin
गोंयची कोंकणी / Gõychi Konknni: ऱ्हायन
客家語/Hak-kâ-ngî: Rhine-hò
עברית: ריין
हिन्दी: राइन नदी
Fiji Hindi: Rhine Naddi
hrvatski: Rajna
hornjoserbsce: Ryn
magyar: Rajna
Հայերեն: Հռենոս
interlingua: Fluvio Rheno
Bahasa Indonesia: Rhein
Interlingue: Rhen
Ilokano: Rin
Ido: Rheno
íslenska: Rín (fljót)
italiano: Reno
Basa Jawa: Rhein
ქართული: რაინი
Kabɩyɛ: Rɛɛ pɔɔ
қазақша: Рейн
한국어: 라인 강
Ripoarisch: Rhing
Kurdî: Reyn
Кыргызча: Рейн
Latina: Rhenus
Lëtzebuergesch: Rhäin
лезги: Рейн
Limburgs: Rien
Ligure: Ren
lumbaart: Renu
lingála: Rein
lietuvių: Reinas
latviešu: Reina
मैथिली: राइन नदी
олык марий: Рейн
македонски: Рајна
മലയാളം: റൈൻ നദി
монгол: Рейн мөрөн
Bahasa Melayu: Sungai Rhine
Mirandés: Riu Reno
Plattdüütsch: Rhien
Nedersaksies: Rien
नेपाल भाषा: राइन
Nederlands: Rijn
norsk nynorsk: Rhinen
norsk: Rhinen
Chi-Chewa: Mtsinje wa Rhine
occitan: Ren (fluvi)
Ирон: Рейн
ਪੰਜਾਬੀ: ਰਾਈਨ ਦਰਿਆ
Pälzisch: Rhoi
polski: Ren
Piemontèis: Ren
پنجابی: دریائے رائن
português: Rio Reno
Runa Simi: Rhein
rumantsch: Rain
română: Rin
tarandíne: Réne, jume
русский: Рейн
русиньскый: Рін
sicilianu: Renu
Scots: Rhine
srpskohrvatski / српскохрватски: Rajna
Simple English: Rhine River
slovenčina: Rýn
slovenščina: Ren
shqip: Rhein
српски / srpski: Рајна
Seeltersk: Rhien
svenska: Rhen
Kiswahili: Rhine
ślůnski: Ryn (rzyka)
தமிழ்: ரைன் ஆறு
тоҷикӣ: Рейн
Türkmençe: Reýn
Tagalog: Ilog Rin
Türkçe: Ren Nehri
татарча/tatarça: Рейн
удмурт: Рейн
українська: Рейн
oʻzbekcha/ўзбекча: Reyn
vèneto: Reno
vepsän kel’: Rein
Tiếng Việt: Rhine
West-Vlams: Reyn
Winaray: Salog Rin
吴语: 莱茵河
მარგალური: რაინი
ייִדיש: ריין (טייך)
中文: 莱茵河
Bân-lâm-gú: Rhein Hô
粵語: 萊茵河