ライムライト (映画)

ライムライト
Limelight
Chaplin - Bloom - 1952-1.jpg
監督チャールズ・チャップリン
脚本チャールズ・チャップリン
製作チャールズ・チャップリン
出演者チャールズ・チャップリン
音楽チャールズ・チャップリン
ラリー・ラッセル
レイモンド・ラッシュ
撮影カール・ストラス
編集ジョー・インゲ
配給松竹
公開イギリスの旗 1952年10月16日
アメリカ合衆国の旗 1952年10月23日
日本の旗 1953年2月12日
上映時間137分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
配給収入1億540万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

ライムライト』(Limelight)は、1952年製作のアメリカ映画チャールズ・チャップリン監督。上映時間137分。

日本では1953年に公開。1973年にリバイバル上映された。チャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となった(本作のロンドンでのプレミアのためにイギリスに向かう最中に、アメリカの法務長官から事実上の国外追放命令が出たためである。詳細はチャールズ・チャップリンの項を参照のこと)。

ちなみにライバルのバスター・キートンとも本作で初めて共演している。これは、当時、キートンが経済的に困窮していることを伝え聞いたチャップリンが、何らかの助けになればと起用したと言われている。なお、「チャップリンがキートンの出演場面を大幅にカットした」との話があるが、それはまったく事実ではなく、キートンに注目を集めたかった彼の伝記作家が冗談で語ったことである。

タイトルのライムライトとは電球が普及する以前に舞台照明に用いられた照明器具で、名声の代名詞でもある。

他の言語で