ライオンズクラブ

Lions Clubs International
標語"We Serve"
設立年1917年6月7日
設立者メルビン・ジョーンズ英語版)
種類社会奉仕団体
本部アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州オークブルック
メンバー約143万人
ウェブサイトhttp://www.lionsclubs.org
ライオンズクラブの会章

ライオンズクラブ: Lions Club)は、社会奉仕団体「ライオンズクラブ国際協会」に所属する単位クラブである。ロータリークラブのように社会奉仕活動を職域や個人で行うだけでなく、集団のチームワークで有意義に効果を高める目的の友好団体である。

概要

日常生活の中で、会員がクラブ活動を楽しみつつ、地域社会に奉仕することを目的に活動している[1]。具体的な活動(アクティビティ)は月に2回行われる例会が軸となる[2]。例会はクラブの最高議決機関であり[3]、執行機関である理事会の決定であっても例会の承認なしには実行できないなど強大な権限を有する[3]。会員は例会への出席義務を負う[4]

名称は創設者の メルビン・ジョーンズ英語版によって、ライオンにちなんでつけられた[5]。ライオンズクラブの紋章にも2頭のライオンの頭部が、「法(Law)・自由(Liberty)・労働(Labor)・忠誠(Loyalty)・愛(Love)・生命(Live)・ライオン(Lion)」を表すLの文字の左右に配置されている[6]。2頭のライオンはそれぞれ過去の歴史と未来の運動を見つめているとされ[6]、無償の行為があらゆる方向に向かって進むことを意味する[6]

会員は「ライオンズの誓い」と呼ばれる誓い(「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」)を立てて入会する[7]。ライオンズクラブの目的に沿った行動とその基となる考え方をライオニズムと呼び[7]、会員には人間が持つべき近代的ヒューマニズムを連帯的活動の中で実現する積極的な行動が期待される[8]

スローガンは"Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety"(「自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる」)[9]である。スローガンは社会に示す旗印としての役割をもち[9]、具体的には洗練された自由思想を守りルールを遵守すること[9]、善や愛、奉仕について本能的に判断する心[9]、身辺や地域の安全につながる国家の安泰を願う心[10]を意味する。

モットーは"We Serve"(「われわれは奉仕する」)であり、独力ではなく集団の力で、経済力のみならず知恵と労力をもって奉仕するというライオンズクラブの特徴が表現されている[10]

2017年6月30日現在、全世界でクラブは47,390、会員は1,425,795人、日本国内のクラブは3,056、会員は116,865人である。単一クラブは地域名称を冠していることが多いが、該当地域に居住地事業所を有さない会員もいる。単一クラブの会員数は平均的には約20~60人である。

他の言語で