ヨーロッパエビジャコ

ヨーロッパエビジャコ
Crangon crangon (dorsal).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 軟甲綱 Malacostraca
: 十脚目 Decapoda
: エビジャコ科 Crangonidae
: エビジャコ属 Crangon
: ヨーロッパエビジャコ C. crangon
学名
Crangon crangon
( Linnaeus1758)
シノニム
  • Astacus crangon (Linnaeus, 1758)
  • Cancer crangon Linnaeus, 1758
  • Crago vulgaris ( Fabricius1798)
  • Crangon maculatus Marcusen, 1867
  • Crangon maculosa Rathke1837
  • Crangon rubropunctatus Risso1816
  • Crangon vulgaris Fabricius, 1798
  • Steiracrangon orientalis Czerniavsky, 1884 [1]

ヨーロッパエビジャコ Crangon crangonコエビ下目に属する エビの一種。北東大西洋に広く分布する漁業上の重要種である。フランス語ではcrevette grise、オランダ語ではgrijze garnaalと呼ばれ、これらは「灰色のエビ」を意味する。英名はbrown shrimp・common shrimp・bay shrimp・sand shrimpなど。

形態

下から見た本種の第一胸脚

成体は30-50mm程度だが、最大で90mmの記録がある [2]。体色は茶褐色で、模様は砂地での 保護色となり、体の輪郭を隠す [2]

本種の属する エビジャコ科の特徴として、第一胸脚が亜鋏状 (subchelate) となること、 額角が短いことが挙げられる [3]

他の言語で
brezhoneg: Chevr-traezh
dansk: Hestereje
español: Crangon crangon
euskara: Izkira zuri
français: Crevette grise
Nordfriisk: Por
Ido: Kreveto
italiano: Crangon crangon
қазақша: Креветка
Plattdüütsch: Granaat
Nederlands: Noordzeegarnaal
norsk: Sandreke
Picard: Soetréle
svenska: Hästräka
українська: Шримс звичайний