ユスティニアヌス1世

ユスティニアヌス1世
Justinianus I (Iustinianus I )
東ローマ皇帝
Meister von San Vitale in Ravenna.jpg
ユスティニアヌス1世のモザイク画(ラヴェンナサン・ヴィターレ聖堂
在位527年8月1日 - 565年11月14日
別号執政官520年528年533年534年
全名フラウィウス・ペトルス・サッバティウス・ユスティニアヌス
出生483年5月11日
Labarum of Constantine the Great.svg東ローマ帝国ダルダニア属州英語版、タウレシオン
死去(565-11-14) 565年11月14日(82歳没)(または13日)
Labarum of Constantine the Great.svg東ローマ帝国コンスタンティノープル
埋葬 
Labarum of Constantine the Great.svg東ローマ帝国コンスタンティノープル、聖使徒大聖堂
配偶者テオドラ
子女名前不詳の娘(嫡出子)
ヨハンネス(養子、テオドラの連れ子)
テオドラ(養女、テオドラの連れ子)
王朝ユスティニアヌス王朝
父親サッバティウス
母親ウィギランティア
テンプレートを表示

ユスティニアヌス1世ラテン語: Justinianus I, 483年 - 565年11月14日)は、東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝(在位:527年 - 565年)。正式名は、フラウィウス・ペトルス・サッバティウス・ユスティニアヌス(Flavius Petrus Sabbatius Iustinianus[1])。

後世「大帝」とも呼ばれたように、古代末期における最も重要な人物の一人である。その治世は東ローマ帝国史における画期的な時代をなし、当時の帝国の版図を押し広げた。これは、野心的だが最終的には失敗した「帝国の再建」(renovatio imperii)に特徴づけられる[2]。この野望はローマを含む西ローマ帝国の領土を部分的に回復したことに表される。しかしその栄光の時代も、543年黒死病ユスティニアヌスのペスト英語版)が終わりの印となった。帝国は領土的縮小の時代に入り、9世紀まで回復することはなかった。

ユスティニアヌスの遺産の重要な側面は、ローマ法を統合して書き直した『ローマ法大全』(Corpus Iuris Civilis)であり、これは多くの現代国家の大陸法の基礎であり続けている。彼の治世はまた初期ビザンティン文化の興隆にも印され、彼の建築事業はハギア・ソフィア大聖堂のような傑作を生みだし、これは800年以上にわたって東方正教会の中心となった。

東方正教会では聖者と見なされており、ルーテル教会の一部からも祝福されている[3]。反対に同時代のプロコピオスはユスティニアヌスを「残忍で強欲そして無能な統治者」として見ていた[4]

ユスティニアヌス1世の治世に関する主な史料は、歴史家プロコピオスが提供している。散逸したシリア語によるエフェソスのヨハネスの年代記は後代の年代記の史料となり、多くの付加的な詳細を知ることに貢献している。この2人の歴史家は、ユスティニアヌスと皇后テオドラに対して非常に辛辣である。また、プロコピオスは『秘史』(Anekdota)を著しており、ここではユスティニアヌスの宮廷における様々なスキャンダルが述べられている。ほかの史料としては、アガティアス (Agathias、メナンデル・プロテクトル (Menander Protector、ヨハネス・マララス (John Malalas、復活祭年代記 (Chronicon Paschale、マルケリヌス・コメス (Marcellinus Comes、トゥンヌナのウィクトル (Victor of Tunnunaが挙げられる。

生涯

出生から即位

出生地近くに建設した ユスティニア・プリマの遺跡。

のちに皇帝ユスティニアヌス1世となるペトルス・サッバティウスは、483年 ダルダニア州英語版タウレシウム(現マケドニア共和国スコピエ近傍)で農民サッバティウスの子として生まれた[5]ラテン語を話す彼の家族はトラキア系ローマ人またはイリュリア系ローマ人であると考えられている[6][7][8]。のちに彼が用いるコグノーメンの Iustinianus は叔父のユスティヌス1世の養子となったことを意味する[9]。彼の治世中に出身地から遠くない場所に ユスティニア・プリマを建設している[10][11][12]。母ウィギランティアはユスティヌスの姉だった。

叔父のユスティヌスは近衛隊(Excubitores)に属しており[13]、ユスティニアヌスを養子とし、コンスタンティノポリスへ招き寄せて養育した[13]。このため、ユスティニアヌスは法学神学そしてローマ史について高い知識を持っていた[13]。彼はしばらく近衛隊に勤務していたが、経歴の詳細については分かっていない[13]。ユスティニアヌスと同時代の年代記編者 ヨハネス・マララスはユスティニアヌスの外見について背が低く、色白で、巻き毛、丸顔の美男子だったと述べている。もう一人の同時代の年代記編者プロコピオスは(おそらく中傷だが)ユスティニアヌスの外見を暴君ドミティアヌスに喩えている[14]

518年アナスタシウス1世が死去すると、ユスティヌスはユスティニアヌスの大きな助けを受けて新帝即位を宣言した[13]。ユスティヌス1世の治世(518年~527年)においてユスティニアヌスは皇帝の腹心となった。ユスティニアヌスは大望を抱き、共同皇帝になる以前から事実上の摂政の役割を果たしていたとされるが、それを確認する証拠はない[15]。治世の末期にユスティヌスが老衰するとユスティニアヌスは事実上の統治者となった[13]521年にユスティニアヌスは執政官に任命され、後に東方軍司令官ともなっている[13][16]

525年頃にユスティニアヌスは20歳年下の踊り子テオドラと結婚した。当初、ユスティニアヌスは階級の違いのために彼女と結婚できなかったが、叔父の皇帝ユスティヌス1世が異なる階級間の結婚を認める法律を制定した[17]。テオドラは帝国の政治に大きな影響を与えるようになり、後代の皇帝たちも貴族階級以外から妻を娶るようになった。この結婚は醜聞となったものの、テオドラは非常に知的で、抜け目なく、公正な性格を示してユスティニアヌスの偉大な後援者となった。

ユスティヌス1世の死が迫る527年4月1日にユスティニアヌスはカエサル(副帝)に就任し、同年8月1日のユスティヌス1世の崩御により単独統治者となった。

治世初期とニカの乱

統治者としてのユスティニアヌスは非常な精励さを示した。その働きぶりから、彼は「眠らぬ皇帝」として知られたが、一方で人付きがよく、忠告を受け入れる人物でもあった[18]。ユスティニアヌスは地方の下層階層出身であったため、コンスタンティノポリスの伝統的な貴族階層に権力基盤を持たなかった。その代わり、彼は生まれではなく功績によって選ばれた非常に才能のある男女に取り巻かれていた。有能な臣下には司法長官のトリボニアヌス、外交官で長きにわたり宮内長官を務めた ペトロ・パトリキウス、財務長官 カッパドキのヨハネスそしてかつてなく効果的に徴税を行い、これによってユスティニアヌスの一連の戦役の財源を賄った ペトロ・バルシャメス、そして最後に偉大な名将ベリサリウスがいた。

528年、ユスティニアヌスはトリボリアヌスらに古代ローマ法の集大成である『ローマ法大全』(Corpus Iuris Civilis)の編纂を命じる。529年、古代からの伝統的多神教(異教)を弾圧。アテネアカデメイアを閉鎖し、学者を追放した。

ユスティニアヌスの有能ではあるが人気のない助言者を登用する傾向は、その治世の初期に危うく帝位を失わせかけた。532年1月、コンスタンティノポリスの戦車競走の支持者の党派が団結して後にニカの乱の名で知られる暴動を起こした。彼らはトリボニアヌス他2名の大臣の罷免を要求し、更にはユスティニアヌス自身を打倒してアナスタシウス1世の甥である元老院議員 ヒュパティオスに替えさせようとした。群衆が市街で暴動を起こしている間、ユスティニアヌスは首都からの逃亡を考えたが、皇后テオドラの叱咤によって街に留まった。続く2日間に彼はベリサリウスと ムンドゥスの二人の将軍に容赦ない鎮圧を命じた。歴史家プロコピオス競技場で30,000人[19]の非武装の市民が殺害されたと述べている。テオドラの主張により(ユスティニアヌス自身の判断に反して[20])、アナスタシウス1世の甥たちは処刑された[21]

再征服

詳細は「軍事上の業績」の節で後述する
ユスティニアヌス1世時代の東ローマ帝国(青色部分)。青色と緑色部分はトラヤヌス時代のローマ帝国。赤線は395年の東西ローマの分割線

国内の危機を乗り切ったユスティニアヌスは再征服に乗り出すことになる。532年6月にサーサーン朝ペルシアとの間に「永久平和条約」を結んで東方国境を安定させると、翌533年、ベリサリウス将軍を北アフリカへ派遣してゲルマン人国家ヴァンダル王国を征服させた。

535年、ゲルマン人国家東ゴート王国の内紛に乗じてベリサリウスをイタリアへ派遣した。翌年末にローマを奪回したものの、東ゴート側の強固な抵抗に遭い戦争は長期化する。

537年12月、ニカの乱で焼失したハギア・ソフィア大聖堂(現アヤソフィア博物館)の再建が完了した。ビザンティン建築の最高峰として、現代まで伝えられることになる。完成時の奉献式で、祭壇に立って手をさしのべ、古代イスラエル王国ソロモン王の大神殿を凌駕する聖堂を建てたという思いから「我にかかる事業をなさせ給うた神に栄光あれ! ソロモンよ、我は汝に勝てり!」と叫んだと伝えられる[22]

540年にベリサリウスが東ゴート王国の首都ラヴェンナを攻略し、東ゴート王ウィティギスを捕らえてコンスタンティノポリスへ帰還したものの、イタリア半島では依然として東ゴートの残党が勢力を保っていた。同年にサーサーン朝との抗争を再開し、帝国の東西に敵を抱えることになる。

541年共和政ローマ以来の執政官制度を廃止する。543年黒死病が大流行し多くの死者が出て政府も機能不全に陥る( ユスティニアヌスのペスト英語版)。ユスティニアヌスも感染したが回復している。これにより帝国の人的資源は大打撃を受け、ユスティニアヌスのローマ帝国再興事業は衰退に向かうことになる。548年に皇后テオドラが、おそらく癌によって比較的若くして死去した。

晩年

晩年のユスティニアヌス1世。ラヴェンナのサンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂のモザイク

ユスティニアヌスは皇后よりおよそ20年間長生きしており、神学上の問題に関心を寄せてカトリック教義についての議論に積極的に参加し[23]553年には第2コンスタンティノポリス公会議を主宰している。治世の晩年にはより一層に宗教に献身するようになった。

552年にベリサリウスと交代したナルセス将軍がイタリアで抵抗を続けていた東ゴート王トーティラを戦死させ、その後を継いだテーイアを破って東ゴート残党を殲滅し、554年末までにイタリア半島の平定を完了した。しかし、長い戦いでイタリアは荒廃し、ローマ市の人口は500人にまで減少したとも言われる[24]。同年、西ゴート王国からイベリア半島東南部の領土を奪取。地中海全域に「ローマ帝国」の支配を回復した。

565年11月13日から14日にかけての夜にユスティニアヌスは崩御した。実子はなく、妹ウィギランティアの息子ユスティヌス2世が即位し、皇后テオドラの姪ソフィアと結婚した。ユスティニアヌスの遺体は聖使徒教会に特別に作られた霊廟に埋葬された。

晩年のユスティニアヌスは軍を軽視したため、軍は弱体化した。また、侵入する異民族に対しては金で紛争を解決しようとしたため、国家財政も破綻した。ユスティニアヌスの死後、北方からの異民族の侵入やサーサーン朝の攻撃を受けて帝国は急速に衰退し始め、8世紀半ばまで外敵の侵入と国内の混乱が続いた。

他の言語で
Alemannisch: Justinian I.
aragonés: Chustinián I
asturianu: Xustinianu I
azərbaycanca: I Yustinian
беларуская: Юстыніян I
беларуская (тарашкевіца)‎: Юстыніян I
български: Юстиниан I
brezhoneg: Justinian Iañ
bosanski: Justinijan I
català: Justinià I
čeština: Justinián I.
Cymraeg: Justinianus I
Deutsch: Justinian I.
English: Justinian I
español: Justiniano I
français: Justinien
Gaeilge: Justinian I
galego: Xustiniano I
Bahasa Indonesia: Yustinianus I
íslenska: Justinianus 1.
italiano: Giustiniano I
Basa Jawa: Justinianus I
ქართული: იუსტინიანე I
Kabɩyɛ: Justinien
қазақша: І Юстиниан
Ladino: Justinianus
lietuvių: Justinianas I
latviešu: Justiniāns I
Malagasy: Justinian I
македонски: Јустинијан I
Bahasa Melayu: Justinian I
မြန်မာဘာသာ: ဂျပ်စတီနီယံ၊ (ပထမ)
Napulitano: Giustiniano I
Nederlands: Justinianus I
occitan: Justinian Ier
português: Justiniano
русский: Юстиниан I
sicilianu: Giustinianu I
srpskohrvatski / српскохрватски: Justinijan I. Veliki
Simple English: Justinian I
slovenčina: Justinián I.
slovenščina: Justinijan I.
српски / srpski: Јустинијан I
svenska: Justinianus I
Kiswahili: Justiniani I
Tagalog: Justiniano I
Türkçe: I. Justinianus
українська: Юстиніан I
Tiếng Việt: Justinianus I
Winaray: Justinian I