ヤージュニャヴァルキヤ法典

ヤージュニャヴァルキヤ法典』とは、 3世紀から 4世紀にかけてつくられた ダルマ・シャーストラのひとつ。聖仙 ヤージュニャヴァルキヤダルマ(社会的宗教的義務)について説くというスタイルをとっており、 韻文体で書かれている。

概要

『ヤージュニャヴァルキヤ法典』は、『 マヌ法典』( 紀元前2世紀から紀元後 2世紀にかけて成立)が著述されたのち、 ウッダーラカ・アールニとならんで ウパニシャッド最大の哲人と称されるヤージュニャヴァルキヤ( 紀元前7世紀から 紀元前6世紀にかけて活躍した人)の著作として仮託されたもので、ヒンドゥー社会における生活規範や法規定が集められている。

慣習司法贖罪の3部に分かれており、これによりヒンドゥー世界における は格段に進歩を遂げ、伝統的なインド社会の秩序観念を大きく規定したとされる。分量は『マヌ法典』の5分の2程度であり、同法典とならび、後世きわめて重視されて、数々の注釈書が刊行された。