ヤージュニャヴァルキヤ法典

ヤージュニャヴァルキヤ法典』とは、3世紀から4世紀にかけてつくられたダルマ・シャーストラのひとつ。聖仙ヤージュニャヴァルキヤダルマ(社会的宗教的義務)について説くというスタイルをとっており、韻文体で書かれている。