ヤージュニャヴァルキヤ

ヤージュニャヴァルキヤが『ブラフマン』をジャナカ王に説く場面

ヤージュニャヴァルキヤYājñavalkya[1])は、インド哲学におけるウパニシャッド最大の哲人、「聖仙」とも称される古代インドの哲人。およそ紀元前750~前700年の人物。[1]生没年不詳。ウッダーラカ・アールニの弟子と伝えられ、梵我一如の哲理の先覚者として著名である。太陽神から授けられたという白ヤジュル・ヴェーダの創始者で[1]ヨーガ哲学の元祖ともいわれる。王仙ジャナカと共に後の仏陀の思想、仏教の道を用意したという説もある[2]

他の言語で
български: Яджнавалкя
Deutsch: Yajnavalkya
English: Yajnavalkya
español: Iagñavalkia
français: Yājñavalkya
ગુજરાતી: યાજ્ઞવલ્કય
नेपाल भाषा: याज्ञवल्क्य
ਪੰਜਾਬੀ: ਯਜਨਾਵਾਲਕਿਆ
português: Yajnavalkya
română: Yajnavalkya
русский: Яджнавалкья
संस्कृतम्: याज्ञवल्क्यः
svenska: Yajnavalkya