ヤーコポ・ベッリーニ

聖母子像(1455)

ヤーコポ・ベリーニ(Jacopo Bellini、1400年頃 - 1470年頃)はルネサンス期の画家ヤコポ・ベッリーニとも表記する[1]

人物

ヴェネツィア生まれ。ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノに師事した。

ヴェネツィア派の創始者とされ、彼に師事した長男のジェンティーレ・ベリーニも肖像画をよくし、次男のジョヴァンニ・ベリーニは15世紀同派最大の巨匠である。娘ニッコローザの夫はアンドレア・マンテーニャ

他の言語で
čeština: Jacopo Bellini
Esperanto: Jacopo Bellini
español: Jacopo Bellini
français: Iacopo Bellini
hrvatski: Jacopo Bellini
italiano: Jacopo Bellini
lietuvių: Jacopo Bellini
Nederlands: Jacopo Bellini
português: Jacopo Bellini
română: Jacopo Bellini
српски / srpski: Јакопо Белини
Türkçe: Jacopo Bellini
українська: Якопо Белліні