ヤーコプ・ファン・ロイスダール

ヤーコプ・ファン・ロイスダール
Jacob Isaaksz. van Ruisdael 001.jpg
『漂白場のあるハールレムの風景』
(1670-1675年)
マウリッツハイス美術館
生誕1628年
ハールレム
死没1682年3月14日
アムステルダムもしくはハールレム
後援者コルネリス・デ・フラーフ
ワイク・バイ・ドゥールステーデの風車 1670頃 アムステルダム国立美術館

 

ヤーコプ・ファン・ロイスダールオランダ語: Jacob Izaaksz van Ruisdael, 1628年頃 - 1682年3月14日)は、17世紀オランダ画家。近年のオランダ語の発音ではラウスダールと表記される。

概説

レンブラントフェルメールが活躍した17世紀は、オランダ絵画の黄金時代と言われ、他にも多くの優れた画家が輩出した。こうしたオランダ絵画の黄金時代において、もっとも重要な風景画家と見なされるのがヤーコプ・ファン・ロイスダールである。

彼は1628年1629年頃、ハールレム画商額縁職人の子として生まれる。伯父のサロモン・ファン・ロイスダールも風景画家であり、ヤーコプもその影響を受けている。ヤーコプは1648年にはハールレムの画家組合に登録しており、この頃には修業を終えて独立していたと見られる。1650年から1655年にかけてオランダ各地およびドイツを遍歴して各地で制作。1656年には活動拠点をアムステルダムに移している。

ロイスダールは森林、海岸、田舎道などさまざまな風景を描いているが、国土が平坦で起伏の少ないオランダの風景においては、必然的に空と雲が重要な要素になる。彼の風景画は、地平線を低めにとって、さまざまな空と雲の表情を描写し、光と大気の効果を追求したものが多い。

彼の弟子や追随者は多く、有名な『ミッデルハルニスの並木道』を描いたメインデルト・ホッベマ(1638-1709)も彼の弟子である。

他の言語で